大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

保護者の方へ

Parents

後援会について

 

目的

北星学園大学後援会は、大学における教育及び研究活動を後援することを通して、大学の充実と発展に寄与することを目的としています。

組織

北星学園大学後援会は、1985年に在学生父母の有志によって設立されました。
現在は大学・短期大学部在学生父母の方にご加入いただき、約4,000名の会員によって組織されています。

運営

会長、副会長、監事、在学生父母理事、卒業生父母理事、同窓生理事、顧問(学長)、参与(大学部局長)により運営されており、総会の審議を経て、事業方針等を決定し、展開しています。なお、事務局は社会連携課内にあります。

事業

主な事業は7つあり、以下の通りとなっています。
(1)教育・研究条件整備補助事業(後援会文庫、事務用・教育用機器購入補助)
(2)教育・研究活動補助事業(教員の学術出版補助)
(3)学術講演会・学会補助(本学で開催される各種学会・講演会への補助)
(4)地区別父母懇談会事業
(5)学生各種活動補助事業(サークル援助金、就職活動補助、国際交流活動補助)
(6)広報活動事業(後援会だよりの発行)
(7)その他(新入生・卒業生への記念品贈呈等)

 

PAGE TOP