大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

研究活動・研究支援

  • Home >
  • 研究活動・研究支援 >
  • 政府・民間等による研究助成

政府・民間等による研究助成

 

科学研究費助成事業
受託研究・研究助成

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)

科学研究費助成事業は、国からの競争的資金であり、全ての分野にわたりあらゆる学術研究を格段に発展させることを目的としています。
科学研究費助成事業の採択率は例年約20数%前後の狭き門となっています。採択されることは、独創的・先駆的な「学術研究」であり、国家・社会のあらゆる分野の発展の重要な基盤となる研究であることを認められたこととされています。

北星学園大学では、例年、コンスタントに約20件以上採択されており、北海道内の私立大学のいわゆる文系の研究分野において特筆すべき成果を挙げています。今年度、北星学園大学では、下記の研究課題が科学研究費助成事業の対象となりました。このような優れた研究は広く社会に貢献するだけでなく、そのエッセンスは授業を通じて学生にも還元されています。

北星学園大学では教育はもちろんのこと、研究を通じて様々な分野で社会の発展に貢献でるよう学術研究環境の整備にも力を入れています。

 

2017年度 文部科学省科学研究費 採択者一覧(研究代表者)

研究種目 学部 研究代表者名 研究課題名
基盤研究(B) 経済学部 多田 和美
准教授
新興国の海外子会社マネジメント-国境を越えた組織社会化のジレンマとその克服-(4年計画の3年目)
基盤研究(C) 文学部 後藤 靖宏
教授
心地よい音楽環境の感性情報処理:潜在記憶/視聴覚相互作用の計算モデルと応用可能性(3年計画の3年目)
社会福祉学部 岡田 直人
教授
減災を求心力とした平常時の取組みに向けての町内会と福祉専門職・機関との連携の研究(4年計画の4年目)
社会福祉学部 眞嶋 良全
准教授
知覚的マインドセットと文化的マインドセットの相似性・相補性に関する研究(3年計画の3年目)
社会福祉学部 中村 和彦
教授
リジリエンス思考による精神障害者生活支援モデルの開発的研究―国際連携研究を基に―(4年計画の3年目)
社会福祉学部 中田 知生
准教授
過疎地域における住民自治組織の公共サービス提供プロセスに関する研究(3年計画の2年目)
経済学部 佐藤 友暁
教授
自己修復機能による高速・低消費電力設計対応IPSプロセッサ開発と標的型攻撃の防御(3年計画の2年目)
社会福祉学部 田辺 毅彦
教授
特別養護老人ホームにおける持続可能な介護システムの研究(3年計画の2年目)
文学部 松浦 年男
准教授
天草諸方言の形態音韻現象に関する基礎的研究―方言類型論の構築を目指して(4年計画の1年目)
経済学部 星野 宏司
教授
身体運動能力と口腔機能の可塑性に関する研究(3年計画の1年目)
経済学部 浦野 真理子
教授
インドネシアのアブラヤシ農園開発における自発的土地取引と貧困解決(3年計画の1年目)
社会福祉学部 田中 耕一郎
教授
重度知的障害者に対する「ケアの分配」をめぐる規範的研究(5年計画の1年目)
社会福祉学部 永井 順子
准教授
北海道における精神保健ソーシャルワークの歴史記録と教育コンテンツの構築(3年計画の1年目)
社会福祉学部 杉岡 直人
教授
生活支援サービスにおける有償ボランティア活動の公民連携に関する研究(3年計画の1年目)学内分担者:経済学部 大原昌明 教授
挑戦的萌芽研究 文学部 蓑内 豊
教授
心理学的アプローチによるスポーツスキル修正プログラムの開発(3年計画の3年目)
社会福祉学部 水川 喜文
教授
アティピカル・インタラクションのエスノメソドロジー障害と相互行為の研究(3年計画の3年目)
社会福祉学部 横山 穰
教授
盲導犬とユーザーを迷惑・犯罪行為から守るための社会的方策に関する研究(3年計画の3年目)
経済学部 金子 大輔
教授
発達した指導者の暗黙的評価観点を取り入れた吹奏楽演奏支援教材の開発(3年計画の2年目)
挑戦的研究(萌芽) 経済学部 竹田 恒規
講師
津波被災地における高台移転事業の実証的研究:行政法学および民法学の観点から(3年計画の3年目)
学内分担者:経済学部 足立清人 教授
若手研究(B) 社会福祉学部 佐藤 祐基
講師
大学生の抑うつ症状、躁症状、不安症状および自閉傾向に関する調査研究(3年計画の3年目)
文学部 松岡 是伸
講師
生活困窮対策におけるスティグマの実態に関する研究(3年計画の3年目)
文学部 田村 早苗
講師
「認識された事態」にもとづく知識・証拠性・認識の言語表現の分析(3年計画の2年目)
経済学部 野原 克仁
准教授
旅行者の意思決定構造と混雑を考慮した観光便益の推計(3年計画の1年目)
大学 代表者 計 23件

 

研究種目 学部 研究代表者名 研究課題名
基盤研究(C) 短期大学部 藤原 里佐
教授
障害児者家族の高齢化とその諸相-親役割の長期化と「限界」(4年計画の3年目)
挑戦的
萌芽研究
短期大学部 田中 直子
講師
地域における通訳案内士教育のあり方の研究~地域のインバウンド人材育成を目指して(3年計画の3年目)
研究分担者:短期大学部 森越京子 教授
研究分担者:短期大学部 ヘイディE.トムソン 講師
短期大学部 代表者 計 2件

 

2017年度 文部科学省科学研究費 採択者一覧(研究分担者)

研究種目 学部 研究代表者名 研究課題名
基盤研究(A) 文学部 松浦 年男
准教授
日本語諸方言のプロソディ―とプロソディ―体系の類型
基盤研究(B) 文学部 松浦 年男
准教授
比較言語学的方法による日本語・琉球諸語方言の祖語の再建および系統樹の構築
経済学部 金子 大 輔
准教授
MOOCで得られる学習履歴データを活用した教材・教育改善手法の開発と評価
経済学部 山邑 紘史
専任講師
外部性の存在する経済におけるメカニズム・デザイン:理論と実験
経済学部 多田 和美
准教授
グローバル・オープン・イノベーションのマネジメント -新たな価値創造への影響分析ー
経済学部 長屋 幸世
教授
民事紛争処理手続きにおける情報の利用と保護の両立
社会福祉学部 田中 耕一郎
教授
病者障害者運動史研究―一生の現在までを辿り未来を構想する
社会福祉学部 眞嶋 良全
准教授
疑似科学に関する議論を媒介にした科学リテラシー教育のブラットフォーム構築の研究
社会福祉学部 栗山 隆
教授
児童養護施設のグループを活用するソーシャルワークと建築計画学のクロスオーバー研究
社会福祉学部 大友 秀治
講師
効果的なスクールソーシャルワークモデルの評価と理論構築
基盤研究(C) 経済学部 多田 和美
准教授
先端ICTが国際ビジネスに与える影響の研究 -クラウド、越境EC、そして企業組織
経済学部 鎌田 直矢
専任講師
革新的協働マーチャンダイジングの探求-小売企業の協働マネジメント-
経済学部 渡邉 稔
専任講師
少子高齢化社会における所得格差の是正政策のあり方と経済成長
社会福祉学部 田澤 安弘
教授
治療的アセスメント短縮版の開発と適用に関する実証的研究 -複数施設における効果検証
社会福祉学部 水川 喜文
教授
初等・中等教育における「自然(現象)の科学的理解」の相互行為分析」
社会福祉学部 河野 和枝
教授
多様な学びを保障する包摂的な教育基盤における原理・条件に関する日韓比較研究
大学 分担者 計 16件

 

研究種目 学部 研究代表者名 研究課題名
基盤研究(A) 短期大学部 藤原 里佐
教授
子どもの貧困に関する総合的研究:貧困の世代的再生産の過程・構造の分析を通して
(研究代表者 北海道大学 教育学研究科 松本伊智朗 教授)
短期大学部 分担金 計 1件

 

過去の採択一覧はこちら

科学研究費補助金採択(2016年度)
科学研究費補助金採択(2015年度)
科学研究費補助金採択(2014年度)
科学研究費補助金採択(2013年度)
科学研究費補助金採択(2012年度)
科学研究費補助金採択(2011年度)
科学研究費補助金採択(2010年度)
科学研究費補助金採択(2009年度)
科学研究費補助金採択(2008年度)

受託研究・研究助成

受託研究

研究題目 研究者名 研究期間
SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/革新的設計生産技術計測融合計算化学を活用したスノースポーツ用品の最適化 佐々木 敏
角田 和彦
星野 宏司
勝村 務
2014年度〜2016年度

請負研究

研究題目 研究者名 研究期間
平成27年度沖縄県久米島におけるサンゴ礁保全便益計測の補助業務に係る補助業務(調査) 野原克仁 2015年度

研究助成

研究題目 研究者名 研究期間
過疎自治体における生活支援サービスを担う有償ボランティア組織の構築に関する研究 杉岡 直人
大原 昌明
2015年度

過去の採択状況

受託研究

年度 氏名 課題名
2013年度 野原 克仁 平成25年度生物多様性と地域経済を考慮した亜熱帯島嶼環境保全策に関する研究委託業務
2014年度 野原 克仁 平成26年度生物多様性と地域経済を考慮した亜熱帯島嶼環境保全策に関する研究委託業務

 

研究助成

年度 氏名 課題名
2012年度 阪井 宏 実例から読み解くメディア倫理の今日的課題
2013年度 阪井 宏 実例から読み解くメディア倫理の今日的課題

 

PAGE TOP