大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

卒業生の声(福祉臨床学科)

 

社会福祉学部 福祉臨床学科

渋谷 彩花さん

就職先:医療法人風のすずらん会 江別すずらん病院(精神保健福祉士)
出身高校:北海道北広島高等学校
2017年度卒業

その就職先を志望した理由は?

私は大学での講義を通して、精神障害を抱える長期入院者の退院支援に関心がありました。こちらの病院での実習を通して、精神保健福祉士の方や、長期入院を経て地域へ退院した方からお話しを聞き、入院中に患者様の生活能力が低下してしまうことがあること、社会資源の調整が必要となることなど退院支援についての難しさを学びました。
また、退院支援を行う際に多職種で情報共有や連携を図っていることや退院後も外来やデイケア、訪問看護と手厚く地域生活をサポートしているということ、患者様のニーズや課題に合わせて柔軟に支援方法を考えていることに魅力を感じました。こちらでの実習を通して「自分も患者様が地域で安心して過ごすことのできる支援をしてみたい」と考え、就職を希望しました。


自分のどのようなことをアピールしましたか?

実習中や大学での合同企業説明会に参加したときに、こちらの病院が現在、様々なことにチャレンジしているということを感じていました。このことから、面接では自分自身が大学生活で取り組んできたことや現場で携わってみたいこと、「ぜひここで働きたい!」という熱意があることをアピールしました。
また、自分がこれまでに体験した挫折やそれをどのように乗り越えたかということも交えることで自分の人物像も伝えられるように努めました。


大学のサポートで、役に立った・プラスになったことはありましたか?

就職についてのガイダンスや合同企業説明会が大学で開催されるなど、就職活動に必要なことは把握しやすい環境が整っていました。
しかし、いざ自分が就職活動を始めるとなるとイメージがつかず、戸惑いました。このことを就職支援課の方に相談すると、履歴書の添削や面接指導をしてくださり、少しずつ自分が就職活動をしていることに実感を持てるようになりました。志望先の病院に面接に行くことが決まったときには漠然とした不安や緊張感がありましたが、「あなたならできる。大丈夫。」と優しく背中を押してくださり、落ち着いて面接に行くことができたのを覚えています。履歴書の添削や面接指導、その他の相談、どの場面においても親切かつ丁寧で自信を持って就職活動に望むことができ、このことが内定につながったのだと思います。


高校生へのメッセージをお願いします!

きっとまだ自分の将来について悩んでいる方がいるかと思います。私は、「人と関わる仕事がしたい」と福祉に関する学部がある北星学園大学に入学しました。入学した頃は社会福祉士や精神保健福祉士など福祉に色々な領域があることすら知りませんでした。そのため大学生活を送る中で「自分は福祉の仕事に向いているのか」「何がしたいんだろう」と様々な葛藤や苦しさにぶつかることもありました。しかし、先生方の講義や同じ福祉の道を目指す友人との時間、就職支援課のサポートもあり、精神保健福祉士になるという目標を見つけ、今回内定を頂くことができました。自分の目標が見つかる、それを後押ししてくださる方がいるというのは北星学園大学の強みであると思います。
皆さんにも素敵な夢や目標が見つかりますように。応援しています!

 

PAGE TOP