大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

卒業生の声(福祉心理学科)

社会福祉学部 福祉心理学科

岡田 梨那さん

就職先:札幌市公立学校教員
出身高校:北海道函館中部高等学校

その就職先を志望した理由は?

大学で教職課程を履修するうちに、教員を目指したいと考えるようになりました。元々は教員免許の取得だけを目指していたのですが、教職課程を履修するうちに、自分も教壇に立ちたいと思うようになりました。
二度の教育実習と障害児教育への興味・関心から、障害を抱えていることが自分の強みであると思えるような生徒を育てたいという気持ちが生まれました。また、障害に対する社会の認識を少しでも変えられるような職に就きたいという気持ちから教員になろうと思いました。


教員採用試験に向けて、どのような対策を行いましたか?

一次試験は筆記試験だったので、学内の教員採用試験対策講座の受講をしながら、参考書やテキストの問題を何度も読み込んだり解いたりし、丸暗記するくらいの気持ちで取り組んでいました。また専門科目では、高校で使用していた参考書やワーク等を活用したり、教職部門の先生による学習会等に参加しながら勉強していました。
二次試験では、面接練習や模擬授業、討論等の練習を大学の先生方や教職実習準備室の相談員の方々、他の仲間と一緒に取り組みました。また自分が教員になったら何をしたいのか、ある場面で教員としてどのように対処するのか等、具体的な考えをまとめたノートを作成し、活用していました。


大学のサポートで、役に立った・プラスになったことはありましたか?

私が特に助けられたと感じたのは、教職実習準備室の存在です。ここには教職のことは勿論、日常の些細な悩みを聞いてくださる相談員の方がいます。また教職を志している友達や仲間も集うため、お互いによい影響を与え合いながら成長できる環境が自然と整っていると感じました。特に二次試験対策の際には、教職実習準備室に何度も足を運びました。様々な人から自分の良い面、改善したほうがよい面等の指摘を頂けたため、自分の成長に繋がったのではないかと感じています。
北星で教員を目指そうと思っている人は是非、教職実習準備室に足を運んでほしいと思います。


高校生へのメッセージをお願いします!

皆さんの中には、やりたいことが決まっている人とそうでない人がいるかと思います。大学生になるとたくさんの時間と選択の自由がありますが、その中でできるだけ沢山のことに全力で挑戦することが、自分の可能性を広げる一番の近道だと私は思います。
私自身、高校生の時はあまりやりたいことが定まっていないまま大学へ入学しましたが、教職課程を履修する中で、教員を目指そうという気持ちが生まれました。大学生の間にいろいろなことに全力で取り組むことで、自分の視野が広がり、本当にやりたいことが少しずつ見えてくると思います。
皆さんが少しでも「教職に興味がある」と思うのであれば、北星で教職課程を履修して欲しいと思います。

 

PAGE TOP