大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

  • Home >
  • 就職・キャリア >
  • キャリアデザインセンター

キャリアデザインセンター

 

キャリアデザインセンターの取り組み

「自分を見つめる」ことから目標に向かって、一人ひとりを全面的にバックアップ。

就職支援課が窓口となる「キャリアデザインセンター」では、従来の出口支援としての就職指導を行うのではなく、大学生活を通して自分を見つめ、将来の夢や実りある人生を描くためのサポートを実施。低学年からのキャリア支援や就職活動をバックアップしています。

本学キャリア支援の特徴は、毎週水曜日Ⅲ講目(90分)を一切の授業を入れない「空きコマ」とし、通常の講義枠の中で、全学生が無理なくキャリア支援講座を受講できることです。

就職支援課スタッフ

就職支援課スタッフ

就職活動でいちばん頼りになるのが就職支援課のスタッフ。
キャリアカウンセラーを含む経験豊かな12名のスタッフが、きめ細かなフォローで、一人ひとりの夢や目標の実現を全面的にバックアップします。
ネットやメールでは伝わらない個性や可能性を対話の中から引き出し、スタッフが学生と同じ目線に立って学生個々の価値観を尊重し、一緒に考えながら信頼関係を築きます。個別相談を重視し、エントリーシートの添削や模擬面接などのサポートも実施しています。

学生参画型キャリア支援

大学1・2年生と短大部1年生が主体となる「キャリアアシスタント」

大学1・2年生と短期大学部1年生が主体となる「キャリアアシスタント」

3年生の就職活動を低学年の学生がサポート。学内企業セミナーのアシスタントや運営などを自主的に体験しながら、自らのキャリア観を醸成していきます。本格的な就職活動を迎える前の学年で先輩達の就職活動を見聞きする事は、多くの刺激を受けその後のキャリア観の形成に大きな影響を与えているようです。

大学4年生及び短大部2年生が後輩にアドバイスする「キャリアサポーター」

大学4年生が後輩にアドバイスする「キャリアサポーター」

内定を得た学生たちが、自らの就職活動体験に基づいて後輩たちをサポート。実体験をふまえながら就職活動のポイントについてアドバイスし、不安を解消しながらモチベーション向上の役割を果たしています。就職活動を控えた学生には、有益な情報提供になり、好評です。

 

様々なキャリア支援の取組み

キャリア教育科目&キャリアデザインプログラム

キャリア教育科目&キャリアデザインプログラム

本学で学ぶ学生のキャリア形成の柱となるプログラムです。
全国的にも珍しい取り組みで、毎週水曜日のⅢ講目に一切の授業を入れずキャリア教育のみの時間となっています。
詳細は「キャリアデザインプログラム」のページをご覧ください。

福祉専門職を目指す学生への支援

キャリア教育科目&キャリアデザインプログラム

本学卒業生は、福祉施設(児童・障がい者・高齢者)、地域・在宅福祉機関(地域包括支援センター・社会福祉協議会)、公的相談機関(福祉事務所・児童相談所)、保健・医療・教育機関(病院・診療所や学校)など、様々な場で活躍しています。
各領域の特性を踏まえた個別指導に加え、全4回の福祉ガイダンスや「福祉専門職学内合同説明会」を実施するなど、福祉職を志望する学生へのサポートを行っています。

福祉専門職希望の方へ

航空業界対策プログラム

航空業界特別講座

本学では、キャビンアテンダントやグランドスタッフを志望する学生向けに、航空業界に特化したプログラムを展開しています。全3回6日間(年24コマ)の日程で行われる航空業界特別講座(無料)では、キャビンアテンダントとして働いた経験を持つ外部講師が、航空業界で求められるプロ意識やホスピタリティ精神を育成します。また、就職支援課による学習会、卒業生による座談会、内定者の就活体験報告会、内定者が後輩をバックアップするキャリアサポート制度等も展開し、航空業界への高い就職実績を誇っています。2016年には、ANAビジネスソリューション株式会社とANAエアラインスクールに係る教育連携協定を締結しました。

航空業界希望の方へ

公務員を目指す学生への支援

公務員講座

本学では,
年間100名以上公務員合格者がおり、高い実績を築いています。支援の特徴としては、一人ひとりに対する細かいフォローと、予備校と提携して学内で行っている北星オリジナルの公務員講座です。この2本柱を軸に、皆さんが公務員試験に合格出来るよう様々なサポート体制を整えています。さらに、OB・OGを招いた業務説明会の実施や、合格した先輩が現役生をサポートする公務員キャリアサポーター等の制度もあり、大学全体で公務員を目指すみなさんをバックアップしています。

公務員希望の方へ

インターンシップおよび企業等訪問研修

インターンシップ

本学では、インターンシップをキャリア教育の一環として位置づけており、社会経験・就業体験を通して学習意欲の喚起、職業意識・目的意識の醸成を目的としております。将来へのキャリア獲得に向けて、企業で現実に要求される能力や今後必要とされる自己啓発などを実践的に学習できる機会はその後の進路決定に際して貴重な体験となっています。

就職支援課が主となり運営・実施しているインターンシップ・プログラムは単位認定はしておりませんが、卒業後の進路に対して意識の高い学生が自発的に参加申し込みをしています。学業に影響のない夏休み等の時期に1~2週間の就業体験をするという内容で、つぎのような流れで実施しています。
併せて、本学独自で行っている、企業等訪問研修は夏休み時期を利用し、実社会との接点を持つ機会を多面的に提供しています。参加学生は延べ500名以上になっています。

参加学生からは「働くということは何か、なぜ働くのか、将来どういう生き方をしたいのか普段考えないことを考えるきっかけになった」、「就職活動のイメージが良い意味で変わった」、「能動的に自分から動くことで自分を成長させることを知った」、「他大学の学生からの刺激を受けた」などの報告を得ております。

 

キャリアデザインセンター窓口

キャリアデザインセンター窓口

就職支援課が窓口となる「キャリアデザインセンター」では、卒業後の進路を含めて学生一人ひとりがみずから、実りある人生を描くためのサポートをしています。
窓口では、経験豊富な職員やキャリアカウンセラーが、就職希望、進学希望、その他進路全般について相談にのり、具体的な情報提供やアドバイスを行います。
また、センターには、職業選択や就職試験に必要な各種会社の案内書・求人要項・パンフレットなど資料がファイルされ備えられています。 さらに、手軽にインターネットによる情報収集ができるように、学生が自由に利用できる端末機を配置しています。

 

センターお問い合わせ

北星学園大学就職支援課

〒004-8631 札幌市厚別区大谷地西2丁目3-1 TEL:011-894-3771 FAX:011-894-3772

キャリアデザインセンター長/阪井 宏(文学部 教授) 就職支援課長/鈴木 克知


相談カウンター

相談カウンター

キャリアカウンセラーを始め、スタッフ全員が学生一人ひとりに合った個別相談を実践。学生個々と向き合い、人間としての魅力や価値観を引き出すことは、その学生に合う企業を見つける上で重要な鍵を握ると考えています。学生との信頼関係を築くことに力を注ぎ、「学生達の応援団」を自負しています。履歴書、エントリーシートの書き方や添削を始め、就職に関する様々な悩み相談を個別にサポートしており、時期によっては一日100名を超える学生が来課します。面接練習も実施しています。


求人ファイルコーナー

求人ファイルコーナー

企業様からいただいた求人票は大学、短大別に更に企業様毎にファイルしています。
また、この求人票をデータ化し学生達がパソコンから自由にいつでも閲覧することが可能になっており、求人検索や企業検索に活用しています。


閲覧コーナー

閲覧コーナー

SPIやエントリーシートなどの就職対策本、マスコミ業界、航空業界専門雑誌なども取り揃え、新聞や各種資料をゆっくり閲覧できるようコーナーを設けています。
また、ソファーでは、先輩内定者との懇談を行ったり、友人達と就職のことを話す語らいの場として活用しています。


PCコーナー

PCコーナー

Webでのエントリーを始め、就職活動に欠かせないパソコンを設置し、相談の待ち時間でも情報の収集を居ながらできるようにしています。また、在学生のためのwebサイト「CAMPUS GUIDE WEB」からは、在学生であれば全学生がコンピテンシー診断、筆記試験対策のSPIもweb受検ができるようになっています。


卒業後の就職支援

卒業後の就職支援

卒業時点で就職が決まらなかった方、卒業後に再就職や転職を希望する場合も、在学中と同じように就職支援課の利用が可能です。利用にあたり「卒業生用求職登録票」の提出が必要となりますので、就職支援課へお越しください。

 

PAGE TOP