大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

  • Home >
  • 就職・キャリア >
  • 卒業生の声 >
  • 卒業生の声(短期大学部 英文学科)

卒業生の声(短期大学部 英文学科)

 

短期大学部 英文学科

小松 咲幸さん

就職先:全日本空輸株式会社(客室乗務職)
出身高校:北海道静内高等学校

その就職先を志望した理由は?

私は、元々航空会社に務めたいという夢がありましたが、短大入学後に周りの意識の高さや大学で行われた航空業界特別講座で刺激され客室乗務員を目指すようになりました。そして就職活動を進めていく中で、ANAの「お客様のために挑戦し続ける」姿に惹かれ、私もANAの客室乗務員として「人のためを想って努力をし続けていきたい」と思い志望しました。また、選考を通してANAのあたたかい社風を肌で感じ、沢山の夢や感動をいただいたので、私も数年後には「この会社でこんな人になりたい」と、更にANAに入りたいという気持ちが強まりました。


就職活動では、自分のどのような点をアピールしましたか?

私の強みは「さまざまなことに興味を持ち、挑戦する」ことなので、短大生活という短い時間の中で自分が挑戦したことやそこから学んだこと、そしてそれを客室乗務員としてどう生かせるかを失敗談も交えながらお話ししました。また、「どこよりもこの会社が好きで、絶対にここで働きたい!」という想いをひとつひとつの言葉に乗せて感情を込めてお伝えしました。
最初のうちは「他の学生と年齢や経験の差もあるから・・・」と自分に甘えた考えを持っていたこともありましたが、逆に短大でだからこそできたこと、学べたことを自分のセールスポイントにしていました。


大学のサポートで役に立った、プラスになったことはありましたか?

私は、就職支援課の皆様のご支援があってこその内定といっても過言ではないと思っています。何をしていいか分からなかったり、少し諦めそうになってしまったときなど親身になって相談に乗ってくださいました。
就職活動が始まってからも、エントリーシートの添削や面接練習を何十回もしていただき、私自身が納得のいくものができるまでご指導してくださり、いつでも自信を持って本番に臨むことができました。更に、選考中も航空業界の面接を受ける人向けにグループディスカッション対策講座まで開いていただいたのはとても有難かったです。また、就職支援課には過去の先輩方の就職活動のデータや、エアライン関連の雑誌などが多数完備されていたのでとても参考になりました。


高校生へのメッセージをお願いします!

入学して1年後にはすぐ就職活動ということで、「自分にできるかなぁ」「1年で何ができるのだろう」と不安な気持ちをお持ちの方も沢山いらっしゃると思います。私も同じでした。ですが、今となっては「短大でよかった!短大だからよかった!」と胸を張って言えます。
短大の2年間でできることは沢山あります。海外留学やインターンシップ、会社訪問、第二外国語の勉強、課外活動・・・。本当に沢山の経験ができました。それは就職活動に生きることはもちろん、皆さん自身の短大生活を充実させるに違いありません。
2年間は本当に短い時間ですが、色々な経験をして学んで吸収して、楽しんでください。そうすればきっと皆さんの夢や目標達成への道が開けてくると思います!

 

PAGE TOP