大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

イベント

Event

<出演者>

  • テノール 鈴木 准
  • ピアノ 河野 紘子

 

☆チャペルコンサート☆

日  時:11月2日(木) 12:10開演 ※入場無料(予約不要)
会  場:北星学園大学チャペル
アクセス:地下鉄東西線 大谷地駅下車 1番出口から徒歩5分
     詳しくはこちらをご覧ください。

<演奏曲目>

  • ヘンデル:『タメルラーノ』~「⼒強く嬉々として死に臨みたい」
  • バッハ:『ロ短調ミサ』~「ベネディクトゥス」
  • シューベルト:『冬の旅』~「菩提樹」
  • ドビュッシー:『ベルガマスク組曲』~「⽉の光」
           『前奏曲集』 第1巻〜「沈める寺」、 第2巻〜「花⽕」 
  • ブリテン:『5つのワルツ』〜 第1番、第2番
         『ハルモニア・サクラ』〜「神に捧げる⾳楽への讃歌」

 
主  催:北星学園大学・北星学園大学短期大学部スミス・ミッションセンター
お問合せ:011-891-2731
 

 
☆文化の日コンサート☆

松本隆による現代日本語訳詞版「冬の旅」CDブロックの歌唱で好評を博したテノールが、生誕220年のシューベルトの至高の歌曲集を、母校のチャペルで歌います。

日  時:11月3日(金) 14:00開演 ※入場無料(予約不要)
会  場:北星学園大学チャペル
アクセス:地下鉄東西線 大谷地駅下車 1番出口から徒歩5分
     詳しくはこちらをご覧ください。

<演奏曲目>

  • シューベルト:歌曲集「冬の旅」(全曲)《松本隆の現代語訳による》

 
協  力:北星学園大学・北星学園大学短期大学部スミス・ミッションセンター
 

「子どもの学ぶ力と可能性を信じる教育-カナダ・ノヴァスコシア州、特別支援学校の実践から学ぶ-」

講師:ピーター・コール Peter coll 氏(ランドマーク・イースト・スクール 校長)
通訳:みか・ベンガード Mika Bengert 氏(エンデヴァー・ツアーズ&ホームステイ・サービス 代表)

1979年に設立されたランドナーク・イースト・スクール(Landmark East School)は子どもそれぞれの多様な学び方を尊重し、可能性を絶対的に信じ、ユニークなプログラムを採りいれた教育を実践してきた小学校・中学校・高等学校の課程を有した私立学校です。今回お招きするColl先生は、35年にわたって地域の教育委員会に勤めた後、2010年に校長に就任。多くの課題を抱えていた学校の立て直しに尽力されました。現在、カナダ国内外から75名を超える特別なニーズをもつ生徒が、通学または寮生活をしながら、エビデンスに基づくプログラムと理念と方法を明確にもった教師に支えられ、ひとりひとりの夢に向かって学んでいます。学校があるカナダ東部・ノヴァスコシア州・ウルフビル(Wolfville)は、有名なアカディア大学がある人口6,000人ほどの環境に恵まれた大学町です。みなさま、お待ちしております。
 

  • 日 時:2017年10月30日(月) 18時00分~20時00分
  • 会 場:北星学園大学 C館5階 C500教室

 
※入場無料(予約不要)
※日本語通訳あり

【問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
電話 011-891-2731

「北海道米はこうして売れた~ゆめぴりかの広告事例から~」

講演:碓井 雅博 氏(株式会社電通北海道 メディア局長 兼 クリエーティブ局長)

近年におけるIT技術の進歩は、人々のメディア利用の在り方を大きく変化させています。かつていわゆる「4マス」の中心的な存在であって新聞、テレビなども、その影響を定価させつつある、と言えましょう。誰もが簡単に動画を制作し、SNSにアップする昨今・・・時にはその動画が社会現象にさえなり得ます。多様化するメディア時代において、情報をビジネスに生かすにはどの様な視点が求められるのか?
今や全国ブランドになった「北海道米」。本講座ではマツコデラックスさんのCMでもお馴染みの広告キャンペーンを成功させた電通北海道の碓井雅博氏に、企画現場の事例を交えながら、そのソリューションを探っていただきます。

  • 日 時:2017年10月27日(金)Ⅳ講目 14時40分~16時10分
  • 会 場:北星学園大学 A館403教室

 
※入場無料
※途中からの入場はご遠慮ください。教室内でのご飲食は固くお断りいたします。

【講師紹介】

碓井 雅博 氏(株式会社電通北海道 メディア局長 兼 クリエーティブ局長)

​北海道小樽出身。北海道東海大学 芸術工学部デザイン学科卒業。
㈱会社協同広告社を経て2000年㈱電通北海道入社。
クリエーティブ局でCMプランナー・アートディレクターとして道内主要企業各社の広告制作・キャンペーン企画作業を手がける。
【担当クライアント】ホクレン、NTTドコモ、北洋銀行、六花亭、イオン、札幌三越など
【受賞歴】広告電通賞北海道地区最優秀賞、北海道広告協会最優秀賞HAC賞、読売広告大賞ショッピンク部門最優秀賞など多数。

【問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
電話 011-891-2731

本学図書館棟4階にて「絵本作家 長谷川義史 講演会」を下記のとおり開催いたします。長谷川義史氏は、「へいわってすてきだね」「いいからいいから」など、ユーモラスでおおらかな絵本を多く生み出しています。また、全国各地で「絵本ライブ」を開催し活躍しています。
講演会に参加される方は申込みフォームよりお申込みください。多くの方のお越しをお待ちしております。

日 時:11月4日(土)書籍販売・サイン会 12:30~午後1:30 
          (本を購入された方先着60名様にサイン会を行います)
            〔開 場〕 午後1:30 / 〔開 演〕 午後2:00 
会 場:北星学園大学 図書館棟4階A教室(札幌市厚別区大谷地西2-3-1)
テーマ:「絵本で子どもたちに伝えたいこと 」

※入場無料
※受付期間:10月16日(月)~11月2日(木)
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

申込方法:以下のフォームより必要事項を入力してお申込みください。

申込みフォーム
  


絵本作家長谷川義史講演会ポスター

本学チャペルタイムにて、以下のとおり「第3弾 熊本派遣ボランティア」および「熊本学園大学ボランティア」の報告会を行います。

開催日程:2017年10月4日(水)、11日(水)、17日(火)、23日(月)、24日(火)、25日(水)

開催時間:チャペルタイム(12:10~12:30)

開催場所:北星学園大学 チャペル

今夏、12名の本学学生が熊本に行き、熊本地震の復興支援ボランティアを行いました。学生が熊本で見てきたこと、行った活動、感じたこと、考えたことなどを報告します。この報告会にはどなたでも参加することができます。学生の発表を見にぜひ本学チャペルにお越しください。

北星ネット*の学生からメッセージが届いています。

『この報告会を通して、今一度皆さんの熊本地震への関心を高めていただき、少しでも復興への力になればと考えているため、1人でも多くの方に聴きに来ていただけたらと思います。チャペルでお待ちしています。』

【報告会日程】
 ※いずれの日も、北星学園大学チャペルにて、チャペルタイム(12:10~12:30)に開催。
 ※『』内は発表タイトルです。

10/4(水) 熊本学園大学
ボランティア
『ボランティアとは~派遣を通じて~』
中村将(経営情報学科2年)
10/11(水) 熊本学園大学
ボランティア
『被災地ボランティアができること』
柏木菫(心理・応用コミュニケーション学科2年)
10/17(火) 第3弾熊本派遣
ボランティア2期
『学生ボランティアができること』
10/23(月)・24(火) 第3弾熊本派遣
ボランティア1期
『伝えたい~1年半を経て~』
10/25(水) 第3弾熊本派遣
ボランティア2期
『百聞は一見にしかず~熊本震災から学んだこと~』

 
* 北星ネットとは?
北星学園大学には、学生が中心となって被災地・被災者支援の企画及び実施を行うことを目的とする「北星学園大学学生支援ネット(通称:北星ネット)」という団体があります。
主に被災地(東北・熊本)ボランティアの企画や運営、被災地ボランティアでの経験を伝える活動などを行っています。

2017年度宗教改革500 年記念特別講演会を開催いたしますので、是非ご来場ください。

  • 日  時:2017年10月26日(木)14:40~16:10
  • 会  場:北星学園大学 B館5階 B500教室
  • 講  師:深井 智朗氏
       〔東洋英和女学院院長、東洋英和女学院大学人間科学部教授〕
  • 演  題:宗教改革と現代
  • ※入場無料(申込不要)

  • アクセス:地下鉄東西線 大谷地駅下車 1番出口から徒歩5分
  • 主  催:北星学園大学・北星学園大学短期大学部スミス・ミッションセンター
  • お問合せ:011-891-2731

 

『詩人ニール・ホール氏朗読会 ~A Poetry Reading by Neal Hall』

北星学園大学言語教育部門公開講座では、国際的に著名な詩人ニール・ホール氏をお招きし朗読会を開催します。

  • 日 時:2017年9月28日(木)Ⅳ講目 14時40分~16時10分
  • 会 場:北星学園大学 チャペル
  • 講 師:ニール ホール 氏(詩人・眼科医)

 
入場無料(事前申込は不要です。直接会場へお越しください。)

【紹介】

ニール・ホール氏はアメリカの名門大学、コーネル大学とハーバード大学を卒業し、詩人でもあると同時に眼科医でもあるという、非常にユニークなキャリアの持ち主です。国際的に著名な詩人であり、アメリカだけではなくヨーロッパ、アフリカ、アジアの各国で彼の朗読会が開かれてきました。

【講師の著書活動】

​ホール氏は現在までにNigger for Life、Winter’s A’ Coming Still、Where Do I Sit、Appalling Silenceという四つの詩集を発表し、2017年秋には新たな詩集Door of No Returnが出版される予定です。また氏の作品は数々の文学賞を受賞し、世界中で翻訳されています。日本でも大森一輝氏による翻訳『ただの黒人であることの重み: ニール・ホール詩集』が発売中です。
 
【問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
電話 011-891-2731(代)

北星学園大学・北星学園大学短期大学部同窓会の定期総会・懇親会を今年度も下記のとおり開催いたします。
懐かしい先生や職員、同窓生も多く集まります。同窓生の皆様のご出席をお待ちしております。

ご出席を希望される方は以下の申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください

申込みフォーム

 

◇同窓会定期総会・懇親会◇

日時:2017年10月21日(土)
   定期総会 午後4時30分~
   懇親会  午後5時30分~
会場:札幌全日空ホテル(札幌市中央区北3条西1丁目2-9)3階
会費:3,000円(税込)

■招待教員
大学、短大の発展にご尽力いただきご退職された先生方から、今年は鹿内啓子先生をご招待しております。

■申込み方法
①HPからの申込み
以下の申込みフォームに必要事項を記入し、送信してください。

申込みフォーム

②ハガキ・E-mailでの申込み
「総会」「懇親会」それぞれの出欠を明記の上、「お名前、入学年度、卒業した学科」をお書きになり、下記申込み先までお申込みください。(在籍当時から苗字が変わった方は、旧姓もご連絡ください。)

■申込み期限
10月10日(火)迄(着席スタイルとする予定ですので、期日までにお申込みください。)

■申込み・問合せ先
〒004-8631
札幌市厚別区大谷地西2丁目3番1号
北星学園大学 同窓会事務局
TEL:011-891-2731
E-mail:dousoukai@hokusei.ac.jp

 

10月8日(日)9日(月・祝)の2日間、第56回星学祭が開催されます!

スローガンの意味

今年の星学祭のスローガンは「星下天光」です。
このスローガンのもとになった四字熟語「上下天光」は、”水と光の下で輝く”といった意味があります。
これらを元に、北星学園大学のお祭りである。星学祭に参加する在校生、イベントに参加する一般の方が一丸となって光り輝くような星学祭にしようという思いを込めてこのスローガンを採用しました。
この星学祭は、本校学生をはじめご協力いただいた企業様や教職員の方々がいて成功を収めることができます。多くの方々との繋がりに心から感謝しております。
ご協力・ご参加いただいている全ての皆様に、星学祭で最高の一時を過ごしていただきたいです。皆さん、盛り上がっていきましょう!!

イベントのご案内

模擬店、砂金掘り、ビンゴ、のど自慢大会、もちまき、アカペラサークルライブ、ダンスショー、「a flood of circle」「Shiggy Jr.」オープニングアクトに「J-ANKEN」を迎えてのスペシャルライブなど盛りだくさん!

当日のタイムテーブルはこちらからご覧ください。

 

お問い合わせ

北星学園大学星学祭実行委員会:twitter @seigakusai

学校法人北星学園は2017年、創立130周年を迎えました。このことを記念し、日本で初めてのホスピスプログラムを始めた、柏木 哲夫 氏(淀川キリスト教病院理事長)講演会を開催いたします。
入場は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

  • 日時:2017年9月30日(土)15:30~17:00
  • 場所:北星学園スミス記念講堂
      〔札幌市中央区南4条西17丁目2番2号〕※大学が会場ではありませんのでご注意ください。
  • 演題:いのちへのまなざし
  • 講師:柏木哲夫氏(淀川キリスト教病院理事長)
  • 定員:300名
  • 申込方法:お電話かE-mailでお申込みください。お申込みいただいた時点で受付完了となります。
         TEL:011-891-2731(法人課) E-mail:houjin@hokusei.ac.jp
  • 申込締切:9月22日(金)

 

<柏木 哲夫 氏 略歴>
淀川キリスト教病院理事長
淀川キリスト教病院名誉ホスピス長
大阪大学名誉教授
ホスピス財団理事長

1965年大阪大学医学部卒業。同大学精神神経科に3年間勤務し、主に心身医学の臨床と研究に従事。その後3年間、ワシントン大学に留学し、アメリカ精神医学の研修を積む。 1972年帰国し、淀川キリスト教病院に精神神経科を開設。翌年日本で初めてのホスピスプログラムをスタート。その後、同病院にて内科医としての研修を受け、1984年にホスピス開設。副院長、ホスピス長を経て、1993年大阪大学人間科学部教授就任(人間行動学講座)。淀川キリスト教病院名誉ホスピス長。大阪大学定年退官後2004年4月より金城学院大学学長。2007年4月より金城学院学院長を兼務。2013年9月より淀川キリスト教病院理事長。 1994年日米医学功労賞、1998年朝日社会福祉賞,2004年保健文化賞受賞。


<主な著書>

『心をいやす55のメッセージ』(いのちのことば社)、『癒しのユーモア』(三輪書店)、『ベッドサイドのユーモア学』(メディカ出版)、『定本ホスピス・緩和ケア』(青海社)、『いのちに寄り添う。』(KKベストセラーズ)、『「死にざま」こそ人生』(朝日新書)、『いのちへのまなざし』(いのちのことば社)、など。

1 / 1312345»

 

PAGE TOP