大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

学生生活

student_life

昨年ファイナル審査に進出し”優秀賞”を受賞した『井原水産&北星学園』チーム(北星学園大学演舞同好会)が、今年もYOSAKOIソーラン祭りに出場します。

2017YOSAKOI_02 2017YOSAKOI_01

▲昨年の演舞のようす

『井原水産&北星学園』チームの演舞スケジュールは、以下のとおりです。
たくさんのご声援、よろしくお願いいたします!

なお、演舞時間については予定ですので、変更がある場合があります。
最新の情報はYOSAKOIソーラン祭り公式HPをご覧ください。

また、6月9日(土)10:00~から「もっとも心動かされ感動したチーム」への携帯観客投票が実施されます。こちらのページから投票をお願いいたします。

日程 演舞開始時間(時:分) 会場
6/6(水) 20:24~ 西8丁目メインステージ
6/7(木) なし
6/8(金) 20:46~ ソーランナイト
21:38~ FUNKY!すすきの会場
21:50~ FUNKY!すすきの会場
6/9(土) 11:36~ サッポロファクトリー会場
13:12~ 道庁赤レンガ会場
14:36~ 大通北パレード会場
16:49~ 一番街・三越前
6/10(日) 10:40~ 平岸会場
12:30~ ファイターズ通り会場
13:35~ サッポロガーデンパーク会場
15:00~ JR札幌駅南口広場会場

 

ファイナル(ブロック1位)出場の場合

6/10(日) 15:48~ 大通北会場パレード
18:00~ ファイナルコンテストパレード
19:20~ ファイナルコンテストステージ

 

ファイナル(ブロック2位)出場の場合

6/10(日) 15:50~ セミファイナルコンテスト

※セミファイナル1位でファイナル進出した場合は、途中からファイナルと同様
 

一次審査賞(ブロック3位)の場合

6/10(日) 15:48~ 大通北会場パレード
17:00~ ガーデンパーク会場

6月4日に北星ピア・サポーターの任命式を執り行いました。
公募などで選出された29名が新しい仲間として加わり、総勢83名となりました。
新しい仲間を迎えてパワーアップした北星ピア・サポーターの活躍をご期待ください。

☆北星ピア・サポーターとは☆
学生どうしの学び合いや学びのサポートを目的に、2014年に発足した学生組織です。
これまで学科説明会や履修相談会、ラーニング・コモンズ内カウンターでの相談業務はもちろん、勉強会やイベントの企画など、日々学生目線で学生のサポートに邁進しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

中村学習サポートセンター長からの挨拶
▲中村学習サポートセンター長からの挨拶

新ピアサポへの任命書授与
▲新メンバーへの任命書授与

ピアサポリーダーからの歓迎の言葉
▲北星ピア・サポーターリーダーからの歓迎の言葉

学科ごとの顔合わせ
▲学科ごとの顔合わせ

北星学園大学バレーボール部 顧問の田実教授から、以下のとおりレポートが届きました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先日行われた春季リーグ戦において、男子部が1部への昇格を決めましたので報告致します。
北海道の大学バレーでは、1部校は6校で2部以下は5校から編成されています。2部以下の下部リーグとの入れ替えは、それぞれの部の4、5位と1,2位(例えば2部5位校vs3部1位校)が直接対戦し、勝ったチームが残留もしくは昇格となります。1部昇格の場合はそれとは異なり、1部の5位校と6位校、2部1,2位校を暫定的順位とし、これらの4校で改めて1部下位リーグを行います。その結果、1部下位リーグ戦で1位となった大学が次のリーグ戦で1部5位、下位リーグで2位となった大学が1部6位となっていきます。

本学の男子バレー部は、2部リーグ戦で北海道大学さんに敗退したものの北海道大学さんに続く暫定2位でした。この結果を受けて、暫定1部5位の北海道科学大学さん、6位の旭川医科大学さん、暫定2部1位の北海道大学さんと改めて1部下位リーグを戦いました。ともに1勝1敗で迎えた5月19日(土)最終日、すでに1部5位を決めていた北海道科学大学さんに続き1部6位の座をめぐって10時ゲーム開始でした。

本学男子部は、リーグ戦時から体調不良やけが人が何人かおり、万全の体調ではなかったのですが、2部リーグで北海道大学さんに負けて以降しっかり調整をしてくれて、1セットと3セットを得ることができました。2セット目は北海道大学さんがゲットしたので、セットカウント2-1で迎えた第4セットは、序盤から北海道大学さんが常に2~3点リードしていて、なかなか追いつけなく、フルセットも覚悟していました。しかし、20点あたりでようやく追いついて、最後は24-23と逆転しそのまま逃げ切りました。

2010年に1部に昇格し、その後降格していたのですが、5年ぶりに1部に返り咲くことができました。1部といっても上位校との差は歴然としており、これからは厳しいゲームが待っていますが、今まで以上に精一杯の努力をしていきたいと考えています。どうぞ応援のほどよろしくお願いします。

女子部も2部で、リーグ戦では紙一重の差で4位となり3部2位校の北海道教育大学函館校さんと入れ替え戦を行いましたが、無事に勝利し残留でした。女子部にもご支援をよろしくお願い致します。

なお、バレー部のHPはプログラムの脆弱性があり、閉鎖致しますのでご了承下さい。

 

北星学園大学 学生医療互助会では、朝忙しくて時間がなくて朝食を抜いてしまいがちな大学生に健康的な学校生活を送ってもらうことを目的として、2016年度から朝食50円キャンペーンを実施しています(※本学学生に限ります)。

本日5月21日から、本年度2回目のキャンペーンが始まりました。今回は初日から多くの学生が利用していました。

朝ごはんをたくさん食べて、一日を元気にスタート出来るよう北星学園大学は応援しています。
また、朝食キャンペーンだけではなく、学生医療互助会では、これからも学生のみなさんの学生生活を様々な点でサポートしていきます。

★学生医療互助会主催 2018年度 第2回 連休明け応援キャンペーン★
(※本学学生に限ります)

  • 日 時: 5月21日(月)~25日(金)
  • 時 間: 朝8:00~9:00
  • 場 所: 大学会館3階 食堂

 


▲ 多くの学生が朝食をとっています

▲ 第2回キャンペーンのメニュー

▲ 5月21日の献立

 

北星学園大学 学生医療互助会では、朝忙しくて時間がなくて朝食を抜いてしまいがちな大学生に健康的な学校生活を送ってもらうことを目的として、2016年度から朝食キャンペーンを実施しています。

近年、様々な大学で同様の取り組みが行われていますが、なんと北星学園大学では 50円で朝ごはんが食べることができます!(*本学学生に限ります。)

50円で、およそ400円相当のメニューが食べられるとあって、毎年学生に大変好評!


▲ 昨年の朝食50円キャンペーン(第3弾)のメニュー

今年度 第1回目となる朝食50円キャンペーンが以下のとおり来週から始まります。
朝ごはんをたくさん食べて、新年度を元気にスタート出来るよう北星学園大学は応援しています。

また、朝食キャンペーンだけではなく、学生医療互助会では、これからも学生のみなさんの学生生活を様々な点でサポートしていきます。

★学生医療互助会主催 2018年度 第1回 春の新生活応援キャンペーン★(*本学学生に限ります。)

日 時: 4月23日(月)~27日(金)
時 間: 朝8:00~9:00
場 所: 大学会館3階 食堂

第1回 朝食キャンペーンのメニューは以下のとおりです。

日にち メニュー
23日(月) おろしから揚げ
24日(火) サバの味噌煮(豚汁)
25日(水) カレーライス
26日(木) 煮込みハンバーグ(わかめスープ)
28日(金) 冷しゃぶ(ゴマ・ポン酢)(わかめごはん)
上記メニューのほかに、なんと選べる小鉢が2品!!

 ・ほうれん草のごま和え  ・納豆   ・ポテトサラダ 
 ・ほうれん草のおひたし  ・おくら  ・マカロニサラダ
 ・きんぴらごぼう     ・温玉        など

  +ごはん(大・中・小) +みそ汁
  ※ごはんは大・中・小どれを選んでも50円!

新学期が始まりました

2018年04月02日

2018年度は、本日4月2日が新入生の初登校日となり、一気にキャンパスが賑やかになりました。

新入生に自分のサークルに入ってもらいたい!と意気込む在学生で、お昼休みは校舎から学生食堂までの道が埋め尽くされました。

在学生の手にはサークル勧誘のチラシが沢山握られていました。
道行く新入生にチラシを配布し、新入生は両手いっぱいのチラシを持って学食へ。

新入生のみなさんが楽しい大学生活を送れるよう教職員一同全力でサポートします。

新入生のみなさん、ようこそ北星学園大学へ!

▲ サークル勧誘の在学生でいっぱいの中庭

12月5日(火)の北海道新聞 朝刊17ページに本学 経済学部 経済学科3年小原実果さんの記事が掲載されました。

小原さんは、高校時代から発展途上国の商品を適正な価格で購入し、生産者の自立につなげる「フェアトレード」に興味を持ち、専門の授業があるため本学 経済学部に入学しました。
本学で開講されている科目を履修し学びを深めるだけではなく、学内の学生団体「北星フェアトレード」の代表を務め、札幌市内の高校で発展途上国の商品の購買に関する授業を行ったり「フェアトレードフェスタ in さっぽろ」で実際に商品を販売するなど幅広い活動を行っています。

また、小原さんはフェアトレードに関わる学生団体の全国ネットワーク組織、「フェアトレード・ステューデント・ネットワーク(FTSN)」の北海道支部代表も務め、「フェアトレード」を札幌市全体に広げ、世界的な都市認証制度である「フェアトレードタウン」を取得することを目指し、同団体の全国合宿で「フェアトレードタウン」の国内初の認証を受けた熊本市を訪問し、札幌市に活かせる内容を学び札幌市民の活動を学生という立場で支援するなど、フェアトレード運動を北海道内の若者に広げるため精力的に活動しています。

その活動について北海道新聞に掲載されました。
ぜひご覧ください。


ウェブ掲載許諾:北海道新聞社許諾 D1712-1806-00013169

11月30日 (木)サッポロファクトリーのファクトリールームにおいて、本学 経済学部 経営情報学科 西脇隆二教授のゼミによる「北星オリジナルワイン」の完成発表会が行われました。

西脇ゼミでは、春の芽掻きから始まり、ターゲット、コンセプトの決定、ネーミングの策定、秋の収穫、ラベルデザインの決定、そして今年は台湾での試飲会も行うなど、マーケティングの一連の流れを実際に学び、商品化しています。その完成したオリジナルワインのお披露目とあり、関係者のほか、西脇ゼミの卒業生など多くの方が会場に駆けつけました。

完成発表会は、学校法人北星学園 大山綱雄理事長の挨拶で始まり、本学学生代表の挨拶、松倉千春北星学園大学同窓会会長および北海道150年事業室 丹野正樹主幹による来賓の挨拶がありました。


▲ 大山理事長

▲ 松倉同窓会長

▲ 丹野北海道150年事業室主幹

 
つづいて、西脇ゼミの学生による『北星オリジナルワインプロジェクト2017』についてのプレゼンテーションが行われました。
コンセプトからネーミング、ラベルについてといったオリジナルワインづくりについての説明のほか、北星オリジナルワインの歴史についても説明がありました。

▲ 西脇ゼミの学生がテーマごとに発表しました

 
いよいよ2017年度北星オリジナルワインのお披露目です。
カウントダウンに合わせてかぶせてあった布を学生が取ると、目にも鮮やかな今年のワインが登場しました。

今年のワインは、「自分と、大切な人と向き合うひとときにこの1杯を」をコンセプトに、「十六房の葡萄 ひととき」となりました。


▲ 北海道の壮大さが伝わるラベルが目を引きます

 
来年10年目を迎える「北星学園大学オリジナルワインプロジェクト」は、来年『北海道』という地名となって150年を迎える「北海道150年事業」の「北海道みらい事業」に登録されました。来年のオリジナルワイン10年および北海道150年へとつながるよう2017年のワインが西脇ゼミを代表して経済学部 経営情報学科3年 川俣 諒斗さんから丹野北海道150年事業室主幹へと手渡されました。


▲ 次年度への架け橋となるワイン

古賀文学部教授による祈祷、毎年オリジナルワインづくりでお世話になっている齋藤 浩司鶴沼ワイナリーの農場長による乾杯の後、待ちに待った試飲会が行われ、参加者で今年のワインの味を楽しみました。


▲ ワインの完成を喜ぶ西脇ゼミの学生

2015年度に北星オリジナルワイン「十六房の葡萄 土産幸」づくりを同じく西脇ゼミにて行った千葉さん(本学卒業生)にインタビューしたところ、「私は辛口が好みのため、白ワインもロゼも両方辛口な今年のワインはとても美味しいです。」と笑顔で話してくれました。

先輩から後輩へ、北海道の未来へと受け継がれていく北星オリジナルワイン。
今後も広報ニュースでお伝えしていきます。

西脇ゼミが作った「北星学園大学オリジナルワイン」の詳細はこちらをご覧ください。

12月3日に札幌で開催された「UNIDOL 2017-18 Winter 北海道予選」において、本学学生のチーム「Prima☆Stella(プリマ・ステラ)」が優勝しました!

UNIDOL(ユニドル)とは、「University Idol」に由来し、大学対抗の女子大生アイドル日本一決定戦のことで、2012年から開催されています。2016年の冬に北海道大会が開催され、現在全国5都市にて開催されています。

その日本一決定戦に臨む北海道予選において、8大学9チームの中から「Prima☆Stella」が優勝し、全国のどこよりも早く2018年2月14日に新木場STUDIO COASTで開催される「UNIDOL2017-18 Valentine 決勝戦」への出場権を手にしました。

なお、「Prima☆Stella」の決勝戦への出場は、今回で2回目となります。
決勝戦での活躍を期待しています。

毎年図書館では「本のポスターコンテスト」など、本学学生に図書館を身近に感じてもらうイベントを実施していますが、今年は初の試みとして「脱出ゲーム」が行われました。

11月27日および29日の昼休みを利用してガイダンスルームで開催されたこのイベントは、30分という制限時間内に仲間と協力し、謎を解き明かすというゲームです。

『宝』を見つけるため、謎を解くカギとなる本を蔵書検索等の機能を利用して探し出さなければならないといったように、ゲームを通して、本学図書館の様々な利用方法が楽しく学べてしまうこのイベント。
参加した学生は、相談し合いながら1つ1つのヒントを頼りに謎を解き明かしていました。


▲ まずゲームのルールについて確認しました

ヒントは会場内の様々な場所に隠されており、自分のグループの色で作られたヒントをくまなく探します。注意深く見ていないと見つけられないため、学生は椅子の裏や机の裏まで必死に探していました。


▲ ヒントを元に宝のかけらを集めます!

▲ ヒントはこんなところにまでありました

 
少しずつ解き明かされていく謎…。それとは反対に少しずつ減っていく時間との闘い。
図書館全てを舞台として、参加者は少ないヒントから宝を探します。


▲ 図書館全てが舞台です

▲ 椅子の裏にもヒントがありました

▲ 少しのヒントを元に次の謎をゲット!

 

残り時間あと数分というというところで、宝を探し当てたグループが笑顔で戻って来ました!

ゲーム終了後には、1位および2位のグループに対して表彰式が行われました。謎が解けなかったグループも、図書館のスタッフから解説を聞き、謎が解けて最後には全員笑顔となりイベント終了となりました。


▲ 穴の開いた新聞記事をあてると中には文字が…!!

▲ 1位おめでとうございます!

 

北星学園大学図書館では、勉強やレポートを作成する際に図書館を利用するだけではなく、より多くの学生に利用してもらえるよう、図書館を楽しく活用できるような学生の知的好奇心を満たすイベントを今後も計画していきます!

本学図書館についてはこちらをご覧ください。

1 / 512345

 

PAGE TOP