大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

広報ニュース

Publicity

今年度より、本学の先生達の魅力をお伝えする新動画コンテンツ「研究者Story」を公開しています。
本コンテンツでは、教授、准教授、講師の先生たちにインタビューを行った様子をご覧いただくことができます。
インタビュー内容は、専門の研究分野や研究のきっかけに加え、プライベートの部分も聞いています。

第3目は、文学部共通科目部門の「松浦 年男」先生です。
コンテンツは下記からご覧ください。

本学のオンライン授業の取り組みについてNHKの番組で取り上げられました。
放送された内容が公開されておりますので、下記よりご覧ください。

参考:北海道 NEWS WEB 
https://www.nhk.or.jp/hokkaido/articles/slug-nf9bc20ecd139

心理・応用コミュニケーション学科3年次科目である「総合講義」でお呼びした、森の出版社ミチクル代表の來嶋路子先生が、授業への取り組みの様子をweb記事として紹介してくださいました。

詳しくはこちらをご覧ください。

北星学園大学 文学部 社会福祉学科心理学コース(当時)の卒業生で、
中学校のスクールカウンセラーを務める阿部理子(旧姓:竹内)さんが、
2020年5月26日の北海道新聞に取り上げられました。

記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。【北海道新聞社許諾D2005-2011-00022423】

 2020年2月に実施された「第32回 社会福祉士国家試験」の結果が発表され、北星学園大学の「社会福祉士」の合格者数が、今年も北海道内で第1位(18年連続)となりました。

  • 本学での社会福祉士の開講科目等はこちらをご覧ください。
  • 本学での精神保健福祉士の開講科目等はこちらをご覧ください。

 

 

*厚生労働省(公益財団法人社会福祉振興・試験センター)発表による〔通信課程を除く〕

【特集】元北海道日本ハムファイターズ田中賢介さんインタビュー「とりあえずやってみる」の精神でステージの変化を楽しもう!

今回のゲストは、今シーズン限りで北海道日本ハムファイターズを引退した田中賢介さん。緊張気味の学生たちに気さくにお話しいただき、楽しい会話が弾むひとときとなりました。厳しい勝負の世界を生き抜いてきた賢介さんのお話は、就活を控えた学生たちにも大いに参考になったようです。
学外向け広報誌 HOKUSEI@COM VOL.27
HOKUSEI@COM VOL.28

[CONTENTS]

  • 短期大学部 英文学科 バレンシア国際カレッジプログラム[ディズニー・プログラム]
     価値ある学びと経験がいっぱい!
     ディズニーワールドでインターンシップ留学
  • 北星フェアトレード
     途上国とともに歩んだ「北星フェアトレード」の15年
     北星学園大学が「フェアトレード大学」に認定!
  • 厚別区誕生30周年記念イベント
     ●絵本作家そらさん講演会&読み聞かせ音楽会
     ●つながる相談会&大谷地交流イベント
  • 北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト
     学生と企業が共同で取り組んだ商品開発
  • [学生広報委員 企画ページ]
     北星学園大学の食堂&カフェのご紹介
  • [HOKUSEI CAMPUS NEWS]
     ●「北海道映像コンテスト2019」最優秀賞受賞!
     ●「市営交通マナーポスター2019」最優秀賞受賞!
  • [HOKUSEI INFORMATION 北星学園大学からのお知らせ]
     大島寿美子先生が著書を出版
  • [まちがいさがしクイズ]
     北星学園大学オリジナルグッズが当たる!
     ※応募締切日は、誠に勝手ながら2020年3月2日(月)必着とさせていただきます。

 

本学経済学部経営情報学科鈴木克典ゼミの学生が、ほくでんエネモール、北海道のスイーツショップ、おみやげ販売店とコラボした、「おみやげ菓子商品開発プロジェクト」の発売時のTV番組でのPR活動と試食販売などの報告レポートが公開されました。

その模様はこちら

こちらの商品は、以下でお買い求めいただけるほか、エネモールでポイント交換できます。

  • スウィーツ&カフェ 奏春楼 (札幌市中央区南16条西10丁目3-25)
  • スカイショップ小笠原 (新千歳空港 国内線ターミナルビル2F)
  • 北星学園大学生協(札幌市厚別区大谷地西2丁目3-1)

<関連リンク>

・「北海道おみやげ菓子」の新千歳空港でのPR活動が北海道新聞に掲載されました


・「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」の開発レポート第3弾が掲載されました。


・「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」のお菓子が発売されました!


・「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」の第2回、第3回ミーティングが行われました


・「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」に経済学部経営情報学科鈴木ゼミの学生が参加!

去る12月16日(月)に、航空業界対策プログラムの一環として、ANAエアラインスクールによる寄付講座「お⼿伝いが必要な方へのおもてなし」を開催しました。
講師は、現役キャビンアテンダントであり、ANAエアラインスクール講師の小町由紀子さんでした。
初めに、おからだが不自由なお客様、妊娠中・ご高齢のお客様等が気持ちよく過ごせるように、ANAグループがどのようなサービスや取り組みを行っているかの紹介がありました。

また、おからだが不自由な方やご高齢の方が感じる不安や不便についての事例と対応時のポイントについても解説がありました。学生は、誤った知識で良かれと思って行った行動が、お客様にとっては望んでいない行動である場合もあるため、それぞれの障がいの特性をよく理解したうえで、そのお客様にとって必要なサポートを見極める重要性を感じたようでした。

講座では、視覚に障がいのあるお客様を機内でお座席までご案内するワークも行われました。
小町さんによる実演と「おからだに触れる前に必ず声をかける」「半歩前で誘導する」等のポイント解説につづき、学生も二人一組でのワークに挑戦しました。
ワーク終了後は、学生から「『こちら』など、つい抽象的な表現をしてしまうので、『右』『○歩前』など具体的に話すよう意識したい」といった感想が聞かれ、たくさんの気づきを得たようでした。

本学とANAビジネスソリューション株式会社は、ANAエアラインスクールに係る教育連携協定を締結しています。本講座は、この教育連携協定により開催が実現しました。過去には、「ANA気づかいセミナー」「グローバル環境で求められるおもてなし」等の講座を実施していただきました。
この協定により、本学学生は、同スクールが札幌で開講するキャビンアテンダント短期集中コース、グランドスタッフ短期集中コース・ジェネラル短期集中コースを優待受講制度を利用して受講することができます。
また、北星学園⼤学・北星学園⼤学短期⼤学部では、キャビンアテンダントやグランドスタッフを志望する学⽣が多いため、学内で航空業界に特化した講座を多数展開しています。

★北星学園大学の航空業界対策プログラム(2019年度実施予定)★

  • プレ航空業界特別講座(心構え編・業界研究編)
  • 航空業界特別講座 年2回4日間(16コマ)
  • 航空業界特別講座受講説明会&学習会
  • 内定者による就活体験報告会
  • ANAエアラインスクールによる寄付講座
  • 卒業生による座談会
  • 航空各社による学内企業説明会
  • グループディスカッション対策講座
  • エントリーシート・⾯接対策個別指導


◆卒業生の就活体験談は、下記をご覧ください。 

文学部 英文学科
就職先:株式会社AIRDO
体験談を見る

短期大学部 英文学科
就職先:日本航空株式会社
体験談を見る

経営情報学科では、札幌副都心(新さっぽろ地区)において商業・業務施設の管理・運営を行っている(株)札幌副都心開発公社との協働で、学生が新さっぽろ地区商業施設の来訪者を対象として、購買行動や意識、要望を把握するためのアンケート調査を行っています。

経営情報学科の鈴木克典ゼミの学生と、短期大学部英文学科の森越教授の受講生とが共同で調査に当たりました。
(詳しくはコチラをご覧ください)

学生によるアンケート調査によって得られたデータは、学生自身によって集計・分析が行われ、調査結果とそれに基づいた企画提案を含めたプレゼンを去る12月10日(火)に(株)札幌副都心開発公社にて行いました。

▲ 会場の様子① ▲ 会場の様子② ▲ 会場の様子③

報告会は、鈴木ゼミの学生たちによるプレゼンの後、森越教授の受講生による報告という流れで行われました。

鈴木ゼミによるプレゼンは、学生から3名の代表者が選ばれ調査報告とそれに基づいた企画提案がありました。新さっぽろ地区の商業施設に訪れた方を対象に、来訪者の動向・ニーズを把握するために約1,000枚アンケートを回収し、アンケート項目から得られた情報を集計・分析していました。また、企画提案では、調査分析した結果から見えてきた来訪者のニーズを基に学生たちのアイディアを含めて(株)札幌副都心開発公社の方々にプレゼンしました。就活カフェを設けるといった就職活動中の学生の視点を活かした提案もありました。

▲プレゼンの様子①(経営情報学科学生) ▲プレゼンの様子②(経営情報学科学生) ▲プレゼンの様子③(経営情報学科学生)

森越教授の受講生による報告では、3名の学生が新さっぽろの商業施設をより良くするため、SNSを効果的に活用し、新さっぽろの商業施設に人を呼び込むための具体的なアプローチ等を提案しました。

▲プレゼンの様子①(短期大学部英文学科学生) ▲プレゼンの様子②(短期大学部英文学科学生) ▲プレゼンの様子③(短期大学部英文学科学生)

プレゼンの後には、(株)札幌副都心開発公社の方々から『今年6月に札幌市が「フェアトレードタウン」に認定されたことや、厚別区にある本学と札幌学院大学が「フェアトレード大学」に認定されたことを受け、今後「フェアトレードに取組む発信地」として厚別区の中心に位置する「新さっぽろ」にはどのような可能性があるか』等の質問があがり、鈴木教授も含めこの事について協議しました。その後、調査からプレゼンを含めたお客様調査全体に係る講評をいただきました。

▲質問を受ける学生たち① ▲質問を受ける学生たち② ▲講評を受ける様子

学生たちにとっても、今後に繋がるたくさんのことを学び気付けた経験になりました。

10年以上前からスタートしたこの調査・分析は、お客様の声として現場にも反映され、新さっぽろの商業施設を運営する上での参考資料として活用されています。本学では自治体や企業と協定を結び、地域の課題を解決するような様々な授業を展開しています。

本学経済学部鈴木ゼミの学生が、ほくでんエネモール、北海道のスイーツショップ、おみやげ販売店とコラボした、「おみやげ菓子商品開発プロジェクト」の菓子が、いよいよ発売開始となりました。新千歳空港の「スカイショップ小笠原」や本学生協でお買い求めいただけます。
先週は、新千歳空港内で試食販売を行い、試食されたほとんどの方に「美味しい」と言っていただき、購入される方も多くいらっしゃいました。
今後、北海道土産の定番になっていくことを期待します。
また、本日(12/16)HBCテレビ「今日ドキッ!」開発プロジェクトの様子が放送されます。
17時台の「チョイス」というコーナーで放送予定ですので、企業と大学が協働で開発していく様子を是非御覧ください。

商品名:コンコンシューきびケット

1 / 3612345»

 

PAGE TOP