大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

ニュース

News

2019年2月8日(金)に実施いたしました一般入学試験におきまして、出題ミスがございました。
ミスの内容および対応につきまして、別紙のとおりお知らせいたします。
受験生および関係者の皆様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申しあげます。

厚別区もみじ台団地に2019年度から新たに入居する学生を、下記のとおり追加募集します。
本事業は、本学と札幌市で締結した「学生への市営住宅提供事業」協定に基づき、札幌市は市営住宅の空き室を格安で学生に提供し、学生は自治会活動(清掃や玄関除雪、お祭りの手伝い等)に参加することで地域活性化のお手伝いをするという取組です。2019年度は継続・新規者含めて3名の入居が決定しています。
募集案内書及び申込書を社会連携課で配布していますので、関心をお持ちの方は早めにお問合せください。

 

  • 応募資格:2019年4月以降、大学または短期大学に在籍する学生(新入生を含む。ただし留学生を除く)
  • 募集件数:4戸

*案内書及び申込書は、社会連携課で配布しています。新入生は郵送対応もしますので、電話またはメールでご連絡ください。
*申込後、札幌市の面接を経て採用の可否が決まります。入居時期は原則4月以降ですが、諸手続きが完了できる場合は3月中の入居にも対応可能ですのでご相談ください。
*募集戸数に達した段階で申込受付を終了します。物件の内覧を希望する方は、札幌市と調整しますので早めにお問合せください。

問合せ先:社会連携課
     TEL:011-891-2731(内線4142)
     e-mail:renkei@hokusei.ac.jp

本学の鈴木克典 教授(経済学部経営情報学科)の「上川管内ロードヒーティング老朽化」に係るコメントが、2月11日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

地域
【北海道新聞社許諾D1902-1908-00020886】

本学は2017年に札幌市と「学生への市営住宅提供事業」に向けた協定を締結し、2018年から学生が厚別区のもみじ台団地に入居し、地域活動に参加しています。
その様子が「広報さっぽろ」厚別区版2月号に取り上げられました。紙面は、以下のリンク先の中段、「区民のページ(2019年2月号)」『厚別区・地域を変えていく、若者の力。』の“一括pdf”をクリックしてご覧ください。

 

<関連リンク>

本学の鈴木克典 教授(経済学部 経営情報学科)とゼミ生が上富良野町への雪はねボランティアツアーに参加し、除雪の負担を軽減する「マッスルスーツ」を着用して除雪を行うという試みの模様が、2月3日と6日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

地域連携ボランティア
▲マッスルスーツを着て除雪する鈴木教授【北海道新聞社許諾D1902-1908-00020878】

地域連携ボランティア
▲除雪する鈴木ゼミの学生たち【北海道新聞社許諾D1902-1908-00020876】

地域連携ボランティア
▲他のボランティアと協力して除雪

地域連携ボランティア
▲参加学生は女子学生。その大活躍ぶりに、他の参加者よりお褒めのお言葉を頂戴しました

北星学園大学多目的グラウンドを会場に、下記の日程で、大谷地スノーフェスティバル(通称:ヤチフェス)を開催します!
ヤチフェス」とは、雪遊びを通して大学生が地域の皆さまとの交流を深めることを目的とし、北星学園大学のグラウンドを使用して行う小学生を対象とした雪祭りです。北星学園大学 文学部 心理・応用コミュニケーション学科 濱保久教授のゼミ生が中心となり、企画・設営・運営を行っています。

今年のヤチフェスも毎年大人気の大きな雪山での「雪山スノースライダー」や、狙った番号に雪玉を投げる「ストラックアウト」、「雪中サッカー」や「ドッジボール」など楽しい企画が盛りだくさんです。

小学生だけではなく、小さなお子様も楽しんでいただくことができるよう、かまくらや広場など自由に遊べるスペースもご用意しております。
軽食として、シチュー、肉まんなど暖かいメニューも販売します。飲み物はココアなどを用意しています(有料)。

事前申し込みは不要で、どの時間に遊びに来ても大丈夫です。ぜひ、北星学園大学に遊びに来てくださいね。

チラシ(小学生向け)はこちらをご覧ください。スケジュール表があります。
昨年のヤチフェスのようすはこちらをご覧ください。

  • 日にち:2019年2月16日(土)
  • 時 間:10:00~16:00(受付9:30から)
  • 場 所:北星学園大学 多目的グラウンド

 

▲ 昨年のヤチフェス2018のようす

本学の河野和枝 教授(社会福祉学部)の「学童保育職員数や資格の基準緩和」に係るコメントが、1月28日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

地域活動と防災
【北海道新聞社許諾D1901-1907-00020820】

【特集】HTBエグゼクティブディレクター藤村忠寿さんインタビュー
テレビも仕事も、常識なんて打ち破ったらどうでしょう?

今回学生たちがお話を伺ったのは、全国に熱狂的なファンを持つ人気テレビ番組『水曜どうでしょう』(HTB)のチーフディレクター(当時)、藤村忠寿さん。大泉洋さんと繰り広げるトークそのままの飄々とした語り口に学生たちも引き込まれ、笑いの絶えないインタビューとなりました。

学外向け広報誌 HOKUSEI@COM VOL.26
HOKUSEI@COM VOL.26

[CONTENTS]

  • [Peport]
    短期大学部 英文学科
     マードック大学の学生とともに観光とホスピタリティを学びました
  • [学生たちの素顔]
    短期大学部 生活創造学科 山本楓果さん
     フットサルで北海道から世界を目指す。
  • [先生たちとその素顔]
    文学部 英文学科 トムソン・ロバート・ジョン先生
     好奇心が原動力!トムソン流・地球の遊び方。
  • [OB&OGインタビュー/卒業生は、いま。]
    「余市SAGRA」オーナー 村井啓人さん
     地域で紡ぐ豊穣のサイクル。「余市SAGRA」の挑戦。
  • [Home Coming Day]
     母校に同窓生が集合!
     北星の輪が広がる「ホームカミングデー」
  • [HOKUSEI CAMPUS NEWS]
     ●循環型農園「エコファーム」の取り組みが実を結びました
     ●ディズニーワールドと連携した「バレンシア国際カレッジプログラム」に本学学生が2名合格
  • [学生広報委員 企画ページ]
     オープンユニバーシティのご紹介。
  • [HOKUSEI INFORMATION 北星学園大学からのお知らせ]
     北海道後志総合振興局と短期大学部が「グローバル人材育成に係る連携協定」を締結
  • [まちがいさがしクイズ]
     北星学園大学オリジナルグッズが当たる!
     ※応募締切日は、誠に勝手ながら2019年3月4日(月)必着とさせていただきます。

 

本学の岡田直人 教授(社会福祉学部)の、地域活動と防災に係るコメントが1月26日の北海道新聞に、また北見で開催された「支え合いの地域づくりフォーラム」において行った講演の模様が、1月27日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

地域活動と防災
【北海道新聞社許諾D1901-1907-00020828】

 

支え合いの地域づくりフォーラム
【北海道新聞社許諾D1901-1907-00020827】

2019年度一般入学試験・センター試験利用入学試験の志願状況はこちらからご覧ください。

1 / 6312345»

 

PAGE TOP