大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

ニュース

News

先日、星学祭に合わせて開催した絵本作家そらさんの講演会&読み聞かせの様子が、
そらさんのレポート動画「SORA'S REPORT」にアップされました。

下記よりご覧ください。URL:https://youtu.be/cAB8UA6YuXU

10月16日(水)、札幌手稲高等学校の1年生が本学を訪れ、「心理カウンセラー」「臨床心理士」の仕事に関するインターンシップを行いました。

まず社会福祉学部福祉心理学科の牧田浩一教授による講義を受講し、心理学を学ぶ面白さや心理カウンセラーの仕事内容について学びました。


▲模擬講義のようす

その後「北星こころの相談室」で、プレイルームや面談室などを見学しました。見学中にはいくつか質問も出され、皆さん興味深そうに施設の様子や設備を見学していました。



また、心理療法のひとつである「コラージュ療法」を体験し、与えられた素材を使って各々個性的なコラージュの制作に取り組みました。


▲真剣な表情でコラージュに取り組んでいました。

最後はコラージュ療法のシェアリングと質疑応答を行いました。初めて体験する心理療法への感想とともに、「心理学」「心理カウンセラー」についての質問が次々と出されました。中には鋭い意見や質問もあげられ、大変充実した時間になりました。

ほぼ終日にわたり、座学と実習を取り入れたプログラムとなりましたが、皆さん最後まで集中して、積極的な姿勢で参加してくれたのが印象的です。
今回の体験が、生徒さんたちの進路選択にとって有意義な機会になることを願っています。

下記の日程で公開講座を開催いたしますので、是非ご来場ください。

日 時:2019年11月12日(火) 13時~14時30分
会 場:北星学園大学 C館1階50周年記念ホール 
講 師:宮本 太郎氏(中央大学法学部教授)

■内 容■
「持続可能性」を鍵として現代社会における社会保障や現代社会の諸問題、福祉的課題に迫っていきたいと思います。
そこで本公開講座では、福祉政策、福祉政治をご専門とされている中央大学教授の宮本太郎先生をお招きし、我々にとってより身近な雇用、生活、福祉に着目しつつ、持続可能な社会保障、生活保障、共生保障(新しい支合い戦略)のあるべき姿に言及していきます。
またその際、「生活保障」に関わる再分配と承認の問題を福祉政治という観点からも考えていきたいと思います。

※事前申込は不要です。直接会場へお越しください。

【問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
電話 011-891-2731(代)

2020年度から「高等教育の修学支援制度」が始まります。この制度は経済的な理由で修学継続を諦めることがないよう、授業料等の減免と給付奨学金により意欲のある学生の皆さんの「学び」を支えるものであり、以下の条件を満たせば支援を受けられるものです。

★学業成績・学習意欲等に係る要件
2019年度末の学業成績が次のア・イのいずれかに該当すること
ア GPA等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
イ 修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学習する意欲を有していることが、学習計画書等により確認できること

★家計の経済状況に係る要件
住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
※対象世帯となるかどうかにつきましては「進学資金シミュレーター」でご確認ください。

以上の条件を満たす場合、修学支援制度の対象となる可能性があります。
必要とされる方を対象に、給付型奨学金の申し込み方法を中心として説明会を以下の通り実施いたします。

11月5日(火)12時10分~ C500教室にて
11月6日(水)12時10分~ C500教室にて
日時を間違わずに、2日間のうちどちらか1日のみ出席してください。
(必ず進学資金シミュレーションを行い、“支援対象”となった方のみご参加ください)

人数を把握する必要があるため、出席する方は事前に学生生活支援課⑪番窓口に申し出てください。

問い合わせ先 学生生活支援課 奨学金担当

北星学園⼤学・北星学園⼤学短期⼤学部では、キャビンアテンダントやグランドスタッフを志望する学⽣向けに、航空業界対策プログラムを展開しています。

10⽉18⽇(⾦)には、このプログラムの⼀環である「航空業界就活体験報告会」を開催しました。今年度は、キャビンアテンダントやグランドスタッフに内定した3名の学⽣が発表しました。

2020月4月採用の航空業界新卒採用試験では、書類選考や面接の内容が大きく変更になった企業がいくつか見られました。
発表者は、採用試験の内容・流れ・対策方法等について、変更点を含めた解説をしてくれました。また、健康管理面での失敗談等、自身の経験から後輩たちに気を付けてほしいことも丁寧にお話ししてくれました。
報告会終了後も、内定者を中心に、学生が輪になって語り合っている姿が印象的でした。




北星学園⼤学・北星学園大学短期大学部では、この報告会の他にも就職活動を終えた学⽣が、これから就職活動を迎える後輩にマンツーマンでアドバイスをする「キャリアサポーター制度」も実施しています。今回の発表者も、来年3月の卒業まで、キャリアサポーターとして後輩たちを支えてくれます。
本学では、この制度により、航空業界へ就職した卒業生同士が、卒業後もつながりを持ち励まし合いながらキャビンアテンダントやグランドスタッフとして活躍しています。

★北星学園大学の航空業界対策プログラム(2019年度実施予定)★

  • プレ航空業界特別講座(心構え編・業界研究編)
  • 航空業界特別講座 年2回4日間(16コマ)
  • 航空業界特別講座受講説明会&学習会
  • 内定者による就活体験報告会
  • ANAエアラインスクールによる寄付講座
  • 卒業生による座談会
  • 航空各社による学内企業説明会
  • グループディスカッション対策講座
  • エントリーシート・⾯接対策個別指導



◆卒業生の就活体験談は、下記をご覧ください。 

文学部 英文学科
就職先:株式会社AIRDO
体験談を見る

短期大学部 英文学科
就職先:日本航空株式会社
体験談を見る

下記の日程で公開講座を開催いたしますので、是非ご来場ください。

日 時:2019年10月31日(木) 16時20分~17時50分
会 場:北星学園大学 C700教室 
講 師:澤本 嘉光氏(株式会社電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター / CMプランナー)

■内 容■
CMプランナー、脚本家、映画作家、ラジオパーソナリティ…
様々な顔を持つ澤本氏は、インテグレート(統合型)クリエーターの旗手として名高いがその基本は「言葉」だと言う。CMや映画は映像ありきではなく、映像とメッセージの間にブリッジとして機能する「言葉」がないと、物語は人の心に届かないと考えている。
氏が大切にしている「セレンディピティ(幸せな偶然との出会い)」のアーカイブ体験を含め、映像クリエーティブについて様々な角度から語っていただこうと思います。

※事前申込は不要です。直接会場へお越しください。

【問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
電話 011-891-2731(代)

下記の日程で公開講座を開催いたしますので、是非ご来場ください。

日 時:2019年10月29日(火) 14時40分~16時10分
会 場:北星学園大学 C500教室 
講 師:中島 信也氏(㈱東北新社 専務執行役員 CMディレクター)
■内 容■

CMの仕事と言うのは、自分たちの作品を視聴者に見せているだけではなく、広告主である企業と生活者を気持ち良くつなぐものだと思われます。
つまり「コミュニケーションを作る」仕事です。そしてその企業と生活者のコミュニケーションの質を高めることが大切であり、クリエーターの役割であると考えています。今回の講座を通してCMの役割を分かりやすく解説します。
〝CM演出生活36年〟 1000本以上のCMを手がけた中島信也氏が秘伝を授けます!

※事前申込は不要です。直接会場へお越しください。

【問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
電話 011-891-2731(代)

短大英文学科では、2015年度より英語の通訳案内士教育の一貫として、学科イベントの形で観光ガイドツアーを実施しております。

先月9月29日に行った「ガイド学習ツアー」でプロガイドから指導を受けた学生が、今週末10月19日に「模擬観光バスツアー」に参加し、今度は英語ガイドとして外国人の方々にペアでガイディングを行いました。外国語ガイドへの需要が高まる中、学生達は実践的なトレーニングの機会を通じて、ガイドという仕事について理解を深めると同時に、ボランティアとして参加してくれた留学生や札幌在住の外国人の方とも英語で交流を楽しみました!

◆参加学生の感想

  • 短大英文学科 1年 千葉裕梨さん
  •  今回私たちは留学生と共に北海道神宮、さっぽろテレビ塔に行き英語でガイドを行いました。短い期間だったけれど英語だけで過ごした時間はとてもいい経験になりました。
     日本の文化についてどのように英語で説明するかを考えるのはとても大変でしたが、それによって日本のことを知ることができ、なにより留学生の方が楽しんでいた様子を見ると頑張ってよかったなと思えます。
     いいガイドをする上で大切なことは自分も楽しんでガイドすることだと思います。私も最初は緊張していましたが留学生と話しているうちに緊張より楽しさを感じました。
     この体験を通して私は英語を使う仕事の楽しさを改めて感じました。今後の英語学習にも活かしていきたいと思います。

  • 短大英文学科 1年 成田光咲さん
  •  北海道神宮もテレビ塔も順調にガイドができ、留学生も楽しんで観光ができたようなので良かったです。パートナーと準備を重ねて迎えたつもりでしたが、実際のガイドはやはり大変でした。天候があいにくの雨だったのもあり、テレビ塔の上からの綺麗な景色をきちんと伝えられたかどうかや、話題がなくなってしまった時に、つまらない思いをさせてないかなどが気になりました。しかし、最後には留学生達とも打ち解け、素敵な時間を過ごすことができました。
     今回のガイドツアーで学んだことは、英語は手段であり地理や歴史などの知識が大切なこと、そして何よりガイドする私達自身が楽しむことです。将来につながるとても良い経験ができました。

    ▲ さっぽろテレビ塔展望台にて:左側が千葉さん
    ▲参加者全員でテレビ塔前にて
    ▲ 北海道神宮:右側が成田さん

    ▲参加者全員で北海道神宮入口にて

     

    <関連リンク>

    大学全体でフェアトレードを推進する「フェアトレード大学」に札幌学院大学とともに認定され、さっぽろテレビ塔にてフェアトレード大学の認定式が行われました。
    *国内では第2号、道内では第1号の認定となります。

    *「フェアトレード大学」とは・・・
    大学全体でフェアトレードの推進活動に取り組んでいる大学を認証するもので、世界ではすでに170もの大学が認定されています。日本でも2014年に「フェアトレード大学」の認定基準が作られ、一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムが認証機関として、審査・認定を行っています。


    ▲左から、北星フェアトレード学生代表 猪部さん、本学の大坊学長、日本フェアトレード・フォーラム理事 萱野先生 ▲祝賀パフォーマンスをする北星チアダンス部「STARRYS」

    2005年の設立から10年以上にわたって地道にフェアトレードの啓発・普及に取り組んできた「北星フェアトレード」の活動が評価されたことをうれしく思います。

    この認定式は、10月13日(日)の北海道新聞に掲載されました。詳細は記事をクリックしてご覧ください。

    width="500"
    【北海道新聞社許諾D1910-2004-00021690】

     

    北星学園大学・北星学園大学短期大学部のフェアトレードに対する取り組み


  • 大学フェアトレード憲章の策定

  • ◀本学のフェアトレード憲章

    この度、学生自治会と、北星フェアトレードの代表とともに協働して、本学のフェアトレード憲章の策定に当たり、3月11日に3者がそろって、署名しました。

    本学においては、2005年以来、北星フェアトレードによる地道なフェアトレード普及活動が息長く続けられ、2008年からは経済学部の科目として「フェアトレード実習/フェアトレード」が設けられ、多くの学生がフェアトレードの学習・実践に関わってきました。

    今回のフェトレード憲章の策定、署名は、これまでの本学におけるフェアトレードの研究・教育が、建学の理念に沿ったものであることを確認し、全学的なフェアトレードの普及活動を通して、大学に学ぶもの一人一人が、自らの消費行動を意識的なものとし、SDGsの17の目標の実現を図っていくことをも目指しています。

    憲章が謳う、「私たちはフェアトレードの理念を全力で推進する」ことを、本学の学長として支持し、協力していく所存です。

    2019年3月19日

    北星学園大学・北星学園大学短期大学部 学長 大坊郁夫

    • フェアトレードフェスタへの参加
    • フリーペーパー『フェアビジョン』のインタビュー協力
    • 大学生協内での商品販売
    • など

     

    <関連リンク>

    先日、北星学園大学・北星学園短期大学部の大学祭である『星学祭』と第2回ホームカミングデーを同時に開催いたしました!

    第58回目となるテーマは「星河一天」。北星学園大学のシンボルマークの「星」から連想されるこの熟語には、数え切れないほどの星が河のように輝いているという意味があります。星学祭に参加された方、運営する学生や教職員の1人1人が「星」というピースであり、個性や才能を発揮することで「河」となって、数え切れないほどに広がることで星学祭が完成するという願いが込められています。
    昨年に続き今年度も台風による影響があり、ゲストが来札できなかったためお笑いライブが中止となりました。
    しかし、昨年のように全てが中止となったわけではなく、その他の予定は滞りなく進めることができました。

    第2回ホームカミングデーは、厚別区誕生30周年を記念し、絵本作家のそらさんをお迎えしての講演会や読み聞かせ音楽会をはじめ、大谷地キャンパス懐かしの写真展、チャペルでは筝曲部OGによる演奏会を行いました。

    両イベントとも沢山の方にお越しいただき、今年の星学祭も大変盛り上がりました!!
    ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


    ▲ BINGO大会の様子

    ▲ 模擬店で構内が彩られました

    ▲ 模擬店の様子

    ▲ センター棟ラウンジのアカデミックサロンの様子

    ▲ 絵本作家そらさんの講演会。TV撮影も入りました

    ▲ 懐かしの写真展

     


    ▲ 出展16回目になる人気イベント砂金堀り

    ▲ 砂金堀りは、今年も大人気

    ▲ チャペルでは、絵本作家そらさんによる読み聞かせ音楽会が開催され、歌や踊りもある楽しいイベントになりました。
     


    ▲ アカペラサークルぽらりすのマスコットも登場

    ▲ 箏曲部OBによる演奏会

     

    この他、多くのイベント(餅まき、トークショー、スマブラ大会など)が開催され、どのイベントも多くの方にご参加いただきました!

    来年もたくさんのイベントを用意して北星学園大学キャンパスで皆様のお越しをお待ちしております。

    2 / 76«123456»

     

    PAGE TOP