北星学園大学・北星学園大学短期大学部

MENU

ニュース

News

【社会福祉学部 福祉心理学科】牧田浩一先生のコメントが、2022年6月3日の北海道新聞(朝刊)に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。
地域連携
【北海道新聞社許諾 D2206-2212-00025133】

6/4(土)、本学で3年ぶりの体育祭が開催されました。
スローガン「BIGBOSS チャンスは一瞬」を掲げ、各チーム熱戦が繰り広げられました。
今年度は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みバレーボール競技のみの実施となりましたが、試合は大きな盛り上がりを見せておりました。

★開会式の様子

★試合の様子

次年度以降、以前の規模での開催ができるよう尽力してまいります。

経済学部 経済学科 金野雄五教授が執筆した『ロシアへの経済制裁が劇的な効果を示していないワケ』がWedge ONLINEに掲載されました。

当該記事は下記リンクからご確認ください。
『ロシアへの経済制裁が劇的な効果を示していないワケ』 - Wedge ONLINE(ウェッジ・オンライン)

 本学では2011年度から、地域や団体等の講演・研修に社会福祉学部教員を講師として派遣し、道内各市町村・各種団体等の生涯学習のお役に立ちたいと願っています。
 講師派遣をお申込みされる場合は、「講師派遣申込書」に必要事項を記載し、メールにてお申し込みください。
 なお、コロナ禍の状況によっては、日程変更や派遣中止、オンライン方式(Zoom配信等)への変更などを、依頼機関・団体様と調整させていただきますので、予めご了承のうえお申込みください。

申込期間
[第 1 次] 6月 15日(水)~ 6月 30日(木)  7月中旬結果通知
[第 2 次] 7月 15日(金)~ 7月 25日(月)  8月上旬結果通知
[第 3 次] 9月 1日(木)~ 9月 12日(木)  9月下旬結果通知

*講師謝金、交通費は原則として本学が負担いたします。
*対象:道内市町村・各種団体(町内会・ボランティア団体・NPO・専門職団体等)
*派遣件数:年間計18件(申込み多数の場合は抽選により決定します)

【申込み・問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
E-mail:renkei@hokusei.ac.jp
TEL:011-891-2731(代表)
FAX:011-896-8311(直通)

本学の学生が新型コロナウイルス感染症に罹患したことが判明し、療養中です。
ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、感染者やご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

No. 判明日 区 分  備 考
143 5/19 学生
144 5/19 学生
145 5/20 学生
146 5/20 学生
147 5/20 学生
148 5/23 学生
149 5/23 学生
150 5/23 学生
151 5/24 学生
152 5/24 学生
153 5/24 学生
154 5/26 学生
155 5/28 学生
156 5/30 学生
157 5/30 学生
158 5/30 学生

北海道・札幌市の感染者数は減少傾向がみられます。マスク着用の考え方が更新されるなど、感染予防対策も変化しています。皆様におかれましては、引続き充分にご注意いただき、感染予防対策をお願いいたします。

※感染者数のカウントは2022年度のものです

学長 大坊郁夫

vol.148後援会だより

2022年06月01日

vol.148後援会だより(2022年6月)を発行いたしました。
こちらからぜひご覧ください。

後援会だより145号

2022年度海外渡航(大学の交換留学、短大の海外事情、教職員海外出張など)の取扱いについて

2022年5月31日

北星学園大学
北星学園大学短期大学部
学長 大 坊 郁 夫

 本学では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、外務省の感染症危険情報が全世界を対象にレベル2「不要不急の渡航は止めてください」以上であったことから、当面の間の海外渡航を禁止しておりました。
しかしながら、各国や地域では、新たな防疫措置を講じ規制緩和や撤廃の動きが進んでおり、また日本国内でも、大学や教育機関では留学生受入を再開し、海外渡航の実施検討も始まっているなどの状況に鑑み、本学においても海外渡航の再開を目指すこととしました。
感染症だけでなく、ロシアとウクライナを巡る世界情勢不安という新たな懸念もありますが、外務省の危険情報がㇾベル2(外務省海外安全情報参照)以下であるなど、一定条件の下で海外渡航を実施可能とすることとします。
 ついては、2022 年度海外渡航については次のように取り扱います。

【大学の交換留学】
1.2022 年秋留学生派遣については実施する。
2.2022 年秋留学生受入については実施する

【短期大学部の海外事情、バレンシアプログラム】
3.2022年短期大学部海外事情は実施する。バレンシアプログラムについてはバレンシアカレッジの準備が整った場合、実施する。

【学科・部門カリキュラムでの短期海外渡航プログラム】
4.2022 年度前期の海外渡航プログラムは、安全が確保できる国や地域を渡航先とし、条件を満たすことを前提に実施する。(渡航を伴わない代替授業の実施を妨げるものではない)
紛争、戦争が発生している国や地域、また、その影響を受ける国や地域への渡航を禁止する。後期の海外渡航プログラムについては追って決定する。

【教職員海外出張】
5.2022 年度前期の教職員の出張は、安全が確保できる国や地域を渡航先とし、条件を満たすことを前提に実施する。後期の出張については追って決定する。
紛争、戦争が発生している国や地域、また、その影響を受ける国や地域への渡航を禁止する。
【私費渡航・休学留学】
6.2022 年度前期の私費渡航・休学留学は、安全が確保できる国や地域を渡航先とし、紛争、戦争が発生している国や地域、また、その影響を受ける国や地域を避けることを要請する。後期の私費渡航・休学留学については追って決定する。

【中止・変更の可能性】
7.日本を含む各国における新型コロナウイルス感染症がひっ迫した場合や、ロシアとウクライナを巡る世界情勢がさらに悪化し、外務省の感染症危険情報および危険情報レベルが2であっても渡航先での安全が確保できない等の場合は、速やかに交換留学及び海外渡航プログラムを中止するなど、海外渡航にかかる取り扱いが変更になることもあります。

以上

後援会総会・地区別父母懇談会を3年ぶりに対面開催いたします。
総会では、昨年度の事業・決算報告、今年度の事業計画・予算案を審議します。
総会後は、一家庭15分程度の個別面談を行い、学科の教員が出席状況や成績状況を個別資料に基づき説明します。また、就職支援課にてご父母向けの就職相談も行います。

当日は大学内の一部の施設を開放し見学できるようにする予定です。
ご父母の皆様のご出席をお待ちしております。

詳細はこちらからご確認ください。

【日時】
2022年7月2日(土)受付 12:30~
総会 13:00~
個別面談 14:00~
就職支援に関する相談 個別面談と並行して行います。
キャンパス見学 一部の施設を開放し見学していただきます。

【場所】
北星学園大学
札幌市厚別区大谷地西2丁目3番1号(地下鉄東西線大谷地駅1番出口より徒歩7分)

【申込み方法】
申し込みフォームからお申込みください。

【申込み締切】
6月13日(月)

【その他】
札幌以外の地域(旭川、北見、釧路、帯広、函館、苫小牧)で8月~9月に開催する父母懇談会の申込みも受け付けております。
詳細はこちらからご確認ください。


▲個別面談の様子(2019年6月札幌)

後援会事務局(社会連携課) メール:kouenkai@hokusei.ac.jp

2022年5月7日(土)、イオン北海道(株)が主催する アットホームストア化プロジェクト『小さく実践!ポップアッププログラム』に本学ボランティア・コパン部が参加しましたので、活動報告を掲載いたします。

ボランティア・コパン部 『リサイクルやってみる!エコモビールをつくろう』 活動報告

2022年5月7日(土)、イオンモール札幌平岡店にて「参加するお子様と楽しくエコについて学びを深める!」をコンセプトに、リサイクルについての電子紙芝居の実施や、イオンの森から採取した木の枝と地元で拾った松ぼっくり、ペットボトルを使ってモビールの作成をしました。


▲電子紙芝居の様子。「リサイクルで地球を守るヒーローになろう!」の呼びかけに大きな声で返事をしてくれました。


▲モビール作りをサポートしています。


▲2階から見た会場。センターコートを大々的に利用させて頂きました。


▲作成したモビール。

今後もこのような素敵な企画が開催される際には、主催側として積極的に参加していきます。

ボランティア・コパン部 経済法学科2年 柳瀬 里梨さんのレポート

■当日の様子
モビール作成のプログラムは全て予約で満席になるほどの人気で、図工が好きな子・元気な子で賑わい、活動は大成功をおさめました。活動中は子どもから元気なパワーをたくさんもらえました。
参加されたお子様の保護者様から、温かいお礼のメッセージをいただくという嬉しい出来事もありました。
■当日までの準備
活動内容を考えたボランティア・コパン部 経営情報学科2年 相内さんは、2か月にもおよびイオン北海道(株)担当者様、デザイナー担当者様と打ち合わせをしました。
その中で、何度も試行錯誤して作られたのが今回のエコモビール。部員で松ぼっくり・木の枝拾いから始め、子どもに分かりやすく・簡単に楽しんでもらう工夫を考えるのは、楽しくありながら、大変でもありました。
■活動を終えて
コロナ禍で昨年・一昨年は、思うように活動のできないコパン部でしたが、久しぶりに部員で協力する活動になりました。部員同士初対面の人ばかりで緊張もありましたが、いざ活動が始まると、これまでの部活動やアルバイト等の経験を活かし臨機応変に対応することができました。活動を通して子どもだけではなく私たちも輝くことができるイベントになりました。

ボランティア・コパン部よりお知らせ

今回のイベントについて、ボランティア・コパン部のインスタグラムにさらに詳しい内容を投稿しています。
今後も地域に貢献できるような活動をしていくのでぜひともご覧ください。
ボランティア・コパン部インスタグラム

▲ボランティア・コパン部インスタグラム QRコード

<関連リンク>
イオン北海道(株)のプロジェクトに本学ボランティア・コパン部が参加します

以下のとおり、公開講座をオンライン開催いたしますので、ぜひご参加ください。

【演題】「世界一周の旅」-通訳案内士の体験から
【内容】
外国語を使って行う仕事の一つとして、通訳案内士(通訳ガイド)の活動内容を紹介しつつ、世界各国の観光名所、生活を解説し、異文化理解を深める機会とする。同時に英語を使って働く視点からの英語学習者に対するアドバイスや、文化的背景が異なるクルーズ船の同僚と働く上での大切な事にも触れ、学生のキャリアディベロプメントにも役立つ内容を目指す。

【日時】2022年6月17日(金)16時20分~17時50分
【実施方法】Zoomによるオンライン配信
【講師】市根井 惠子 氏
現職:全国通訳案内士(英語)、NPO法人 北海道通訳案内士協会会員、函館善意通訳会顧問(前会長)

【参加費】無料
【申込締切】2022年6月14日(火)
【申込方法】
一般の方および本学在学生は、事前申込みが必要です。
件名を「6/17短期大学部英文学科公開講座参加申込」、本文に「①氏名(フリガナ)、②メールアドレス、③緊急時に連絡のとれる電話番号、④学籍番号(本学在学生のみ。学外の方は不要です)」を記載のうえ、メールでお申し込みください。開催前々日に、ご登録いただいたメールアドレス宛に、オンライン配信用のURL等を送信いたします。
なお、配信にあたって、操作機器の不具合に関するご質問や技術的なサポートは致しかねますので、ご了承ください。

【申込先】社会連携課 e-mail:renkei[@]hokusei.ac.jp
*メール送信時は、[@]を@に変更してください。

【講師経歴等】
元職:函館白百合学園中学高等学校 (高校英語教諭)

3 / 116«1234567»

 

アクセス
お問い合わせ
PAGE TOP