北星学園大学・北星学園大学短期大学部

MENU

ニュース

News

北星学園 教員募集

2021年07月21日

専任教員を募集します。

  • フランス語教育、フランス語、フランス文学等
    詳細はこちらをご確認ください。

●下記シートでご応募ください。

教員公募履歴書・業績書・応募シート【Word】はこちら

教員公募履歴書・業績書・応募シート【Excel】はこちら

※本学の概要についてはホームページをご確認ください。

学生の皆さん

【学生部長からのメッセージ】
「かもしれない」と思うこと・十分考えて欲しいこと

学生部長 大原 昌明

「ウィズ・コロナにおける『普通』のキャンパスライフ」

 危機管理ステージが3(制限-小)引き下げられたことにより、7月12日から対面での部活動・サークル活動ができるようになりました。これにより、夕方、多目的グラウンドで部活動をする学生の皆さんの姿を見かけるようになりました。また、野球場でもボールを打つ金属音が響くようになりました。私もこの日が来るのを待ち望んでいました。
 それに先だって、7月8日からは一部科目を除き対面授業が基本となり、キャンパス内に学生の皆さんの姿が戻ってきました。
 私の授業の履修者のコメント欄には、「対面授業だと集中しやすいので理解できたが、非対面だとまず集中が持たないのがきつかったです。」(1年生)、「難しかったけど、説明を聞いたらちゃんと理解できて良かった。個人的には対面の方がいいなと思った。」(1年生)、「対面授業の方がモチベーションが上がるので、再開されて嬉しいなという気持ちです。」(2年生)、「久しぶりに対面授業を受けたら、やっぱり対面授業の方が分かりやすいなと思いました。」(2年生)、などのコメントが記載されていました。
 一方で、「公共交通機関を乗り継いで登校しており、感染が心配なので非対面で授業を受けます。」「両親が医療従事者なので、できれば非対面でお願いします。」(いずれも3年生)という声も届いています。
いくつもの行動制約は続いていますが、私たち教職員は、学生一人一人の声を尊重しながら、コロナ禍における「普通」のキャンパスライフが送れるよう心を砕いてきました。
 しかし今、北海道では(全国的にも)、陽性者数が増加に転じました。前期授業はもうすぐ終わりますが、このまま増加し続ければ、夏休み期間の部活動・サークル活動を再び中止せざるを得ません。

「『かもしれない』と思うこと」

 皆さんが感染症に対して警戒していても、そして、大学が考えられ得る限りの対策を講じても、感染を完全に防ぐことができないのも事実です。
 危機管理ステージが引き下げられてからも、大学は、年度当初と同様に、キャンパスライフ全般について、具体的には、検温・手洗い・手指消毒・不織布マスク着用の徹底、教室での換気や座席指定、出入口の指定を行うなど、対策を講じました。また、食堂での黙食、食事時間制限はもちろん、職員による食事中の見回り・注意喚起などを再開しました。さらに、課外活動についても、対面で部活動・サークル活動を行う団体に対しては、ガイドラインに従い、活動の種類に応じて主体的に感染症対策を考えて活動してもらっています。
 しかし、どんなに注意していても感染することがあります。リンク不明が多くなっているのはその証拠でしょう。そして多くは、何らかの接触があった場合に感染することが知られています。
 たとえば、こんなことに心当たりはないでしょうか。部活を終えて仲間と一緒に食事に行く、高校時代やバイト先の友だちと飲食に行く、大学の友だちとドライブに行くなど。課外活動ガイドラインでは、部活動・サークル活動内での飲食を伴う交流・懇親は禁止しています。飲食やドライブが悪いわけではありません。同じ空間を長時間共有することで感染のリスクが高まることが問題なのです。
 皆さん、今しばらくは「自分も感染リスクに晒されるかもしれない」という強い危機意識を持ってください。繰り返します、ぜひ「かもしれない」という意識を持って行動してください。

「十分考えて欲しいこと」

 次はワクチン接種です。
 札幌市では接種券が郵送されました。全道的にも接種券の郵送が行われています。皆さんのところにも届いていると思います。ワクチンを接種するかどうかは、皆さん一人一人に十分に考えて欲しいと思います。
 ここで、7月16日のNHKのニュース番組に出演した、政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長へのインタビューで私が印象に残ったことを紹介します。
 ワクチン接種が進んでもコロナウイルス感染症がなくなることはないとの前提ながら(完全に消滅しないのはインフルエンザウイルスと同じです)、ワクチンを接種すれば重症化リスクが軽減されることが実証されているということです。ウイルスは絶えず変異します。現在増えているデルタ株は昨年のウイルスとはまったく別物です。その証拠のひとつは若い世代でも重症になる割合が多いという事実です。そうした中でも、ワクチンが効果を発揮しているといいます。自分自身の行動を考えるとき、重症化リスクの軽減という事実は、ワクチンを接種するかどうかのひとつの判断材料になると思います。
 現在、大学でも学生を中心とした職域接種の申請を行っています。しかし残念ながら、いつ始められるかが確定していません。2回接種しなければ効果が得られないということですので、なるべく早く1回目の接種が行われることを願っていますが、2回目は後期の授業期間に入ってしまうかもしれません。
 ワクチン接種を行おうと決めたとき、ご家族やアルバイト先の職域接種、あるいは自治体の接種が大学より早ければ、大学での接種を待つことなく、そちらで接種を受けてください。どこで接種しても個人負担はありません。

「蛇足ながら」

 友人知人との飲食が好き、カラオケが好きな私ですが、もう1年以上、そんな経験をしていません。ゼミコンパも、この1年半、開催していません。悲しい限りです。
 私は、学生部長として学生の皆さんに向けて注意喚起する文章を書いてきましたが、この文章を書きながら、私自身も感染リスクを回避できるよう日常生活を送らなければと自戒しています。
 ところで、家に籠もりっきりになると、歩く機会が極端に少なくなって困ります。気持ちも沈みがちになります。皆さんはどうでしょうか?
 暑い夏がやってきました。感染症とは別に熱中症にも注意を払わなければなりません。この夏は、涼しい時間に散歩をして気分転換を図りたいと思っています。そしてこの夏も、大型連休中と同じように、SNSやビデオ通話を通して、友人知人、ゼミ生と交流したいと考えています。そしてまた、新しい楽しみを見付けたいとも思っています。

本学の学生及び教職員が新型コロナウイルス感染症に罹患したことが判明し、療養中です。
ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、感染者やご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。
また、本学では今後も新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めてまいります。

  • 7/14判明分・・・1名(学生)
    ※学内関係者で濃厚接触者及び低リスク者に該当した者については「陰性」を確認
  • 7/14判明分・・・1名(教職員)
    ※学内関係者で低リスク者に該当した者については「陰性」を確認
  • 学長 大坊郁夫

     本学では2011年度から、地域や団体等の講演・研修に社会福祉学部教員を講師として派遣し、道内各市町村・各種団体等の生涯学習のお役に立ちたいと願っています。
     コロナ禍において対面での派遣が難しい状況が続いておりますので、今年度はオンラインでの対応を含めて実施いたします。講師派遣をお申込みされる場合は、「講師派遣申込書」に必要事項を記載し、メールにてお申し込みください。
     なお、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、日程変更や対面での派遣中止、オンライン方式(Zoom配信等)への変更などを、依頼機関・団体様と調整させていただきますので、予めご了承のうえお申込みください。

    *講師謝金、交通費は原則として本学が負担いたします。
    *対象:道内市町村・各種団体(町内会・ボランティア団体・NPO・専門職団体等)
    *派遣件数:年間計18件(申込み多数の場合は抽選により決定します)

        

    【申込み・問合せ先】
    北星学園大学 社会連携課
    E-mail:renkei[@]hokusei.ac.jp  *メール送信時は、[@]を@に変更してください。
    TEL:011-891-2731(代表)
    FAX:011-896-8311(直通)

    2022年度特別選抜・編入学者選抜の入学試験要項・願書が完成しました。
    ご希望の方は、こちらからご請求ください。

    北星学園大学・北星学園大学短期大学部 入試課
    電話:011-891-2731

    学生・教職員の濃厚接触時の対応フローを更新しました。
    体調が悪くなった場合は自宅療養し、フローチャートに従って行動してください。
    新型コロナウィルス感染症に関わる連絡は「新型コロナウィルス感染症報告システム」で受け付けます。
    また、普段から朝、晩2回の検温を行い、体調管理を心掛けてください。
    新型コロナウィルスに感染した場合や、濃厚接触者になった場合には保健所から過去14日間程度の行動を聞かれることがありますので、行動記録表を活用してください。

    徐々に道内の感染者が増加傾向にありますので、いま一度感染予防を心がけてください。

    ★学生・教職員の疑い者発生時の対応フロー
    ★学生・教職員の濃厚接触者発生時の対応フロー
    体調管理表(学生)
    体調管理表(教職員)
    行動記録表
    行動記録表(記入例)

    以下のとおり、公開講座をオンライン開催いたしますので、ぜひご参加ください。

    【演題】
    死生学の理論と実践

    【内容】
    死にまつわる多様な現象の研究をとおして、現代の生を捉えなおす学問である死生学。私たちは誰の死を思い、恐れているのか。現代社会は死をタブー化しているのか。死別の悲しみは個人のこころの問題なのか?看取り・死別による困難を支えあえる社会は作れるのか?
    本講座では死生学の諸理論を解説するとともに、演者自身が関わっている死生学的実践についても紹介する。

    【日時】2021年7月29日(木)10時30分~12時00分
    【実施方法】Zoomによるオンライン配信
    【講師】山崎 浩司 氏
     現職:静岡社会健康医学大学院大学 教授
     元職:信州大学医学部保健学科 准教授

    【参加費】無料
    【申込締切】2021年7月27日(火)
    【申込方法】
    一般の方および本学「ソーシャルワーク実践理論Ⅰ」「社会福祉の思想」履修者以外の学生は、事前申込みが必要です。
    タイトルを「7/29福祉臨床学科公開講座参加申込」、本文に「①氏名 ②メールアドレス ③緊急時に連絡のとれる電話番号 ④学籍番号(本学学生のみ)」を記載のうえ、メールでお申し込みください。
    開催前日に、ご登録いただいたメールアドレス宛に、オンライン配信用のURL等を送信いたします。
    なお、配信聴講にあたって、操作機器の不具合に関するご質問や技術的なサポートは致しかねますので、ご了承ください。

    【申込先】社会連携課 e-mail:renkei[@]hokusei.ac.jp
    *メール送信時は、[@]を@に変更してください。

    【講師経歴等】
    著書に『死生学のフィールド』(共編著)、『医療・介護のための死生学入門』、『人生の終わりをしなやかに』『死別の悲しみを学ぶ』、『ケア従事者のための死生学』『テキスト臨床死生学』(以上、共著)など。
    近年は、官民連携型グリーフサポート事業の質的評価研究、死別の困難に支援的なコミュニティを構築するための参加型アクションリサーチ、配偶者死別における遺骨間問題の研究、いのちがテーマのマンガを題材にした死生学的考察および教育に取り組んでいる。

    本日、公式HPをリニューアルしました。
    情報を整理・統合することで、ページ全体がコンパクトになり、ユーザビリティが向上しました。
    これに伴い、新型コロナウイルス感染症対策関連の簡易ステージ表の掲出は取りやめました。新型コロナウイルス感染症対策関連の情報ページへの入口は変わらずにわかりやすく表示して、リンク先ではこれまでどおり丁寧に発信を続けていきます。

    本学の学生が新型コロナウイルス感染症に罹患したことが判明し、療養中です。学内の濃厚接触者はおりません。
    ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、ご本人やご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。
    また、本学では今後も新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めてまいります

  • 6/24判明分・・・1名
  • 学長 大坊郁夫

    1 / 10712345»

     

    アクセス
    お問い合わせ
    PAGE TOP