大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

短期大学部

Hokusei Gakuen University Junior College

生活創造学科

『生活を知的に創造する』ことのできる
人材育成を目指して・・・
あなたの夢を実現させてください。

Department of Life and Creative Sciences

学科の目的

21世紀を迎え、国際化・情報化・高齢化など社会環境が変化する中で、新しい価値観やライフスタイルの構築が求められています。生活創造学科では「生活を知的に創造する」をテーマに、生活を変えていく力を秘めた実践的な総合科学を追究します。
文化、芸術、心理学、社会学、経済学、情報技術といった観点から生活全般に関わる知識と実践的な技能の修得を通じて、伸びやかな発想と変革する力を持った人材を育成します。

学科の特色

 

1.幅広くかつ専門的な学びが可能に

履修モデルを活用することによって、学生一人ひとりの興味関心と将来に合わせた学習が可能となります。

①進路や学びたい方向が明確な場合は、選択した履修モデルに沿って専門性を掘り下げることができます。

②履修モデルを中心としながらも、その他の分野で興味ある科目も履修することができます。

③様々なことに興味がある場合には、同一カテゴリーの履修モデルを組み合わせて幅広く学ぶこともできます。

 

2.幅広い分野を網羅した7つの履修モデル

「生活」にまつわるさまざまな学問分野を網羅した履修モデルを用意しています。履修モデルは、「住居・インテリアデザイン」「クリエイティブデザイン」「情報システム」「生活文化」「生活心理」「生活福祉」「経済・経営」の7つの分かれており、幅広くかつ専門的な学びを可能にし、それぞれの将来や方向性を決定する際の指針にもなります。

 

3.少人数制によるきめ細かな指導を徹底

少人数制の講義や演習、実習を通して、学生一人ひとりに十分に目の届く、きめ細かな指導を徹底しています。各自の自主性を尊重するとともに、各自の学習レベルに合わせた個別的な指導を実現しています。また、担任制度により日常の学習状況や就職・編入学などキャンパスライフ全般についても親身で丁寧な支援を行っています。

2019年度カリキュラム

生活創造学科課程

☆印が付された科目は必修科目です。

授業科目名 1年次 2年次
一般教育科目 基礎教養
科目
1年次
法学
経済学Ⅰ
経済学Ⅱ
社会学Ⅰ
社会学Ⅱ
心理学Ⅰ
心理学Ⅱ
科学概論
ジェンダー論
生命の科学
健康の科学
環境の科学
音楽と文化
美術と文化
人間と思想
数の世界
2年次
外国語
科目
1年次
ドイツ語Ⅰ
ドイツ語Ⅱ
フランス語Ⅰ

フランス語Ⅱ
ハングルⅠ
ハングルⅡ
中国語Ⅰ
中国語Ⅱ

2年次
ドイツ語Ⅲ
ドイツ語Ⅳ
フランス語Ⅲ
フランス語Ⅳ
ハングルⅢ
ハングルⅣ
中国語Ⅲ
中国語Ⅳ
保健体育科目 1年次
スポーツⅠ
スポーツⅡ
2年次
キリスト教科目 1年次
キリスト教学Ⅰ
キリスト教学Ⅱ
2年次
専門教育科目 必須科目 1年次
生活学基礎演習Ⅰ
生活学基礎演習Ⅱ
基礎情報処理
生活文化創造論
生活経済創造論
アセンブリⅠ
2年次
生活創造専門演習
芸術文化創造論
アセンブリⅡ
選択科目 1年次

ファッション・アパレルビジネス
生活福祉論
家族文化論
現代子ども論
社会心理学
生活支援実習
生活とサービス産業
現代社会と企業
ビジネスコンピューティング
生活情報論
応用情報処理
Webパブリッシング
マルチメディア
住生活論
住設計基礎実習
インテリアデザイン演習
住宅空間設計演習
生活創造と色彩
基礎デッサン
グラフィックデザイン論
デジタルグラフィックス基礎
海外の生活と文化
簿記・会計
日本語表現法
現代女性とキャリア
生活と資産
2年次
食生活と健康
社会調査法
エイジング論
発達心理学
生活心理学
カウンセリング論
生活心理学研究法
流通マーケティング論
生活と金融保険
現代社会と消費者問題
北海道の生活と経済
応用ビジネスコンピューティング
現代社会と法
女性福祉論
地域社会論
アジア地域論
情報処理論
情報収集と検索
応用マルチメディア
パフォーマンス
都市環境創造論
住宅CAD設計Ⅰ
住宅CAD設計Ⅱ
住設計応用演習Ⅰ
住設計応用演習Ⅱ
カラープランニング
写真表現
グラフィックデザイン演習Ⅰ
グラフィックデザイン演習Ⅱ
セクレタリー実務
現代文化論

 

PAGE TOP