北星学園大学・北星学園大学短期大学部

MENU

ご寄付について

  • Home >
  • ご寄付について

ご寄付について

北星サポーターズ寄付金のご案内


募集の目的・使途

北星学園大学及び北星学園大学短期大学部は、財政基盤の充実・強化を図り、教育研究、学生支援、社会貢献等に係る各種事業をさらに発展させることを目的に「北星サポーターズ寄付金」を開始することといたしました。
この寄付金は、寄付者自らの思いを直接活かせるよう、下記項目の中からご寄付の使途先をお選びいただけます。

北星学園教育振興寄付金募集要項

ご挨拶

学長 大坊 郁夫 Daibo, Ikuo

北星学園大学・北星学園大学短期大学部

学長 中村 和彦

NAKAMURA,Kazuhiko

 日頃より本学の教育研究にご理解とご協力を賜わり、篤く御礼申しあげます。
 北星学園大学は、北星学園大学短期大学部開学70周年に続き、開学60周年を迎えました。
 本学は、従来、教育目標として「人間性・社会性・国際性」の育成を掲げ、それらを涵養するため多文化共生型のキャンパスを目指してきました。
 2015年度にはキャンパスの中心に位置するセンター棟内に「国際交流ラウンジ」を設け、学生の異文化交流・国際交流を促進するため様々なプログラムを実施して来ました。新型コロナウイルス感染症の影響により国境を超えた交流はおろか学内でも学生同士が交流することすらもままならない時は、オンラインの活用や国内で実施可能な国際交流プロジェクトを学生自らが企画し運営するなど、「国際交流の北星」として様々な形で国際交流・異文化交流プログラムを行ってまいりました。今後も工夫をしながら、やむを得なく中断していた交換留学を含め、異文化交流・国際交流を推進していきたいと考えております。
 また2016年度には、障害のある学生や特別な支援を必要とする全ての学生を対象に、本学のミッション・ステートメント及び建学の精神に基づく支援と取組みを行うことを目的とした「アクセシビリティ支援室」を開設いたしました。「アクセシビリティ支援室」では、支援を必要としている学生の相談に応じ、教員や学内各部署と連携を図り支援を行っています。また学生ノートテイカーの養成や学生スタッフの募集を行い、学生同士が支援し合える環境づくりも行っています。
 本学の教育目標である「人間性・社会性・国際性」の育成に基づき教育を行うためにも、「国際交流・留学支援」や「アクセシビリティ支援」の充実は欠かせないものだと考えております。これからも、抑圧や偏見から解放された広い学問的視野のもとに、異質なものを重んじ、内外のあらゆる人を隣人と見る開かれた人材を世界に輩出し続けられるよう、教職員一同努めてまいります。皆様におかれましても、引き続き本学の教育活動にお力添えをいただけると幸いです。
 皆様から賜りましたご寄付は、本学が開学以来変わることなく掲げてきた教育目標の達成と担うべき教育を果たすため、「国際交流・留学支援」や「アクセシビリティ支援」等、教育活動の充実のために活用させていただきます。
 なお、本寄付金は任意のものであることを申し添えさせていただきます。

 

寄付の種類

国際交流・留学支援の充実

国際交流・留学支援の充実

本学の国際交流の歴史は、1965年に札幌市の姉妹都市アメリカオレゴン州ポートランドの名門、ルイス&クラーク大学と姉妹校提携したことに始まります。サラ・C・スミスにより創設され、早くから国際交流への取り組みを進めてきた北星学園にとって、国際性を育むことは重要な教育の柱となっています。
新型コロナウイルスの影響で渡航が困難な状況にあるときは、オンライン等を活用しながら国際交流を行ってきました。今後も工夫をしながら、「国際教育の北星」として世界を舞台に活躍できるグローバル人材の育成に努めて参ります。

【主な取り組み事例】

hgu-coil-project
▲ オンライン国際共修サイト HGU-COIL Project
Group B
▲ 国際交流・留学の取り組み

アクセシビリティ支援の充実

ボランティア活動サポート

本学のアクセシビリティ支援室では障害やその他の理由で困難を感じている方たちの相談にのり、合理的配慮に基づいて以下の支援を行っています。又、より適切な支援を行うために、出来る限り教員や学内各部署との連携を図るように努めています。間接的支援として、学内ユニバーサルデザインの検証や、支援を行うサポート学生の育成、アクセシビリティ支援推進のための学内周知などにも取り組んでいます。

アクセシビリティ支援について

【主な支援内容】

  • 入学前支援
  • 入学試験配慮
  • 修学支援
  • 進路支援
  • 入学式・卒業式など行事支援
  • 視覚障害のある方への支援
  • 聴覚障害のある方への支援
  • 肢体不自由の方への支援
  • 発達障害のある方への支援
  • 内部障害、その他の障害のある方への支援 など

教育研究全般の充実

教育研究サポート

本学が教育研究活動において必要とする分野に活用させていただきます。
北星学園大学では、キリスト教の価値観に基づいて、豊かな教養と国際的な広い視野を持ち、公正な社会のために働く自立した社会人を育てるべく、入学前から卒業後まで、様々な取り組み・支援を行っています。
中でも、最近盛んに行なわれているのが、学生主体の様々な活動です。学生が大学運営に積極的に関わり、主体的に学びを深めることは大学の活性化に繋がるとともに、これから社会に出る学生たちにとって、大きな経験となるでしょう。また、学生の自由な発想と能力を最大限に伸ばすことのできる環境であり続けたいと考えています。これからの未来を担う学生たちの主体的な活動を応援しませんか。

【主な取り組み事例】

施設設備の充実

施設設備の充実

充実した学びの場を維持・発展させるため、必要な教育研究施設整備に活用させていただきます。施設設備の充実が、より豊かな学びの創造にも繋がっていくと考えています。学生はもちろん地域に開かれた大学として、多くの方々が集うキャンパスをともに創り上げていきます。

キャンパスマップ

【主な施設】

chapel
▲ チャペル(1964年建築)
carrer
▲ 就職支援課(2019年にリニューアル)

学園に寄付をお考えの方

寄付額

個   人:1口2万円(1口に満たない金額でも喜んでお受けいたします)
法人・団体:金額は特に定めておりませんが、格別のご協力をお願いいたします。

 

返礼品

寄付金額に応じて返礼品をお贈りさせていただきます。

◎ 1口(2万円)以上:下記のいずれか1つ

A.北星オリジナルフェアトレードコットンバッグ

北星学園大学・北星学園大学短期大学部は、2005年から10年以上にわたってフェアトレードの啓発・普及に取り組んできました。2019年には、今までの活動が評価され、全国で2番目、北海道では初めて「フェアトレード大学」に認定されました。
北星オリジナルフェアトレードコットンバッグは、フェアトレード認証生産者から基準に従って調達されたオーガニックコットンを使用しております。(国際フェアトレード認証ラベル付き)

*「フェアトレード大学」とは・・・
大学全体でフェアトレードの推進活動に取り組んでいる大学を認証するもので、世界ではすでに170もの大学が認定されています。日本でも2014年に「フェアトレード大学」の認定基準が作られ、一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムが認証機関として、審査・認定を行っています。

【参考】

  • 北星学園大学・北星学園大学短期大学部フェアトレード憲章
  • https://www.hokusei.ac.jp/activity/fair_trade/

    B.奏春楼 『HOKUSEI CORN SAND 北星コーンサンド 幸せのつぶつぶはさんでみた』

     経済学部経営情報学科鈴木ゼミと北海道ブランドにこだわったスウィーツ工房「奏春楼」、北海道のお土産開発を支援する「北海道おみやげ研究所」が共同開発したスウィーツです。
     北星コーンサンドは、コーンとホワイトチョコレートをクッキーで挟んだスクエアタイプのサンドクッキーです。アイデア考案の段階から鈴木ゼミの学生と奏春楼が協力して開発を行い、試作・試食を繰り返して作り上げました。学生のアイデアは、外箱のコーンと夜空に輝く星をイメージしたデザインにも活かされています。

    【参考】

  • 奏春楼 HPhttps://soushunro.co.jp/
  • 北海道お土産研究所 HPhttps://yamato-ogasawarashouten.co.jp/audition.html
  • スカイショップ小笠原 | 新千歳空港ターミナルビルhttps://www.new-chitose-airport.jp/ja/spend/shop/s12.html
  • ※写真出典:奏春楼 HPhttps://soushunro.co.jp/

    ◎ 2口(4万円)以上:大学開学60周年オリジナル記念品(いずれか1つ)

    C.北星オリジナルスパークリングワイン『+sparkle(スパークル)』(数量限定:200本程度)

    開学60周年を記念し、キリスト教と関連が深い記念ワインを制作します。制作は、岩見沢市でワイナリーを営むブルース・ガットラヴ氏に依頼。北海道産のシャルドネ100%の白のスパークリングワインを制作します。北星の星がイメージされる泡には、本学で育まれてきた教育の結晶が表現されています。
    詳細は特設ページをご覧ください。
    ※開学60周年にあたる2022年の秋に収穫したぶどうで作るため、お届けは2025年春頃の予定です。

    <ブルース・ガットラヴ氏(ワイン醸造家)>
    ニューヨーク生まれ。カリフォルニア大学デイヴィス校醸造科に入学。卒業後はカリフォルニアの名だたるワイナリーに勤め、実地でワインづくりを学び、さらに研鑽を積む。
    1989年に栃木県足利市にあるココ・ファーム・ワイナリー※から熱心な招致を受け、コンサルタントとして指導を行うため日本に移住。国産ぶどうを100%使用し、世界に通用するワインをつくり上げる。2009年にワイナリー「10R(トアール)」を岩見沢市に設立。
    (10Rワイナリー代表/有限会社ココ・ファーム・ワイナリー(取締役)
    ※ココ・ファーム・ワイナリーは、知的障害者の為の職場として作られ、現在に至る。

    【参考】

  • 10R(トアール)ワイナリーHP http://www.10rwinery.jp/
  • ココ・ファーム・ワイナリーHP https://cocowine.com/
  • ブルース・ガットラヴ氏の講演 TED☓Sapporo 2016 「ワインの不思議な力」https://tedxsapporo.com/talk/wine-the-strange-power/
  • ※写真出典:TED☓Sapporo https://tedxsapporo.com/

    D.お菓子のドルチェヴィータ 北星オリジナルスイーツセット

    札幌市清田区美しが丘(本店)と新さっぽろに店舗を構える洋菓子店「ドルチェヴィータ」。北海道の美味しいパン・ケーキ・焼き菓子を提供する人気店です。経済学部経営情報学科の鈴木ゼミと共同で「白いカステラ」を制作するなど協力を頂いています。この度、返礼品として、北星オリジナルセットをご提供頂く事になりました。
    詳細は特設ページをご覧ください。
    ~大切なお知らせ~
    現在、白いカステラの原材料である白い卵「米艶」が入手困難となっており、白いカステラをご提供することができなくなっております。北星オリジナルスイーツセットでは、当面の間、代替の焼き菓子を提供させていただきます。ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんが、ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

    【参考】

  • 札幌清田区美しが丘の洋菓子屋DOLCE VITA(ドルチェヴィータ)HP https://dolcevita.hokkaido.jp/
  • 大学広報誌@COM vol.31 P7「新・北海道スイーツ開発プロジェクトが進行中!」https://www.hokusei.ac.jp/hgu/wp-content/uploads/2021/09/2021.08.Vol_.31.pdf/
  • ※写真出典:DOLCE VITA HP https://dolcevita.hokkaido.jp/

    お申込み方法

    個人の場合

    • 1.インターネット利用(クレジットカード決済)

    インターネットによるお申込み

    ※収納会社の外部サイトへ移動します。

    ※本学への入金が確認された日付で領収書を発行いたします。(※通常1~2カ月程度を要します)

    ※特に11月中旬以降にご寄付いただいた場合は、税控除の対象年度にご注意ください。

    <定額寄付の機能を追加しました!>
    クレジットカード決済フォームの「寄付回数」にて「毎月」をお選びいただくと、毎月、継続して定額をご寄付いただくことが可能です。
    ※ご寄付は毎月1日に決済されます。定額寄付を停止する場合はお申し出による手続きが必要です。
    • 2.銀行振込

    募金事務局または各学校の事務室にお問い合わせください。
    寄付申込書と払込票をお送りいたします。

     

    法人の場合

    • 1.本学園に直接寄付する場合

    特定公益増進法人に対する寄付金として、優遇措置(寄付金控除)を受けることができます。
    お申込みをご検討の場合は、募金事務局または各学校の事務室にお問い合わせください。
    寄付申込書と寄付払込票をお送りいたします。なお、インターネットでの申し込み手続きも可能です。

    • 2.私学事業団を通じ「受配者指定寄付金」として本学園に寄付する場合

    受配者指定寄付金は、本学園が「受配者指定寄付金」として、日本私立学校・共済事業団を通じていただくものです。
    寄付金の全額を損金の額に算入することができます。
    お申込みをご検討の場合は、募金事務局までご連絡ください。
    [制度の概要]
    日本私立学校振興・共済事業団ホームページ  https://www.shigaku.go.jp/s_kihu_menu.htm
    [お手続きの流れ]

     

    税制上の優遇措置

    個人の場合

      本学への寄付金は、特定公益増進法人への寄付として、所得税法第78条第2項および法人税法第37条第4項の規定に基づき、優遇措置(寄付金控除)を受けることができます。詳細は「税控除について控除額イメージ」をご覧ください。

       

      法人の場合

      • 1.特定公益増進法人への寄付

      特定公益増進法人に対する寄付金として、一定の限度額までが損金に算入できます。
      また、特定公益増進法人に対する寄付金のうち損金に算入さてなかった金額は、一般寄付金の損金算入限度額の範囲内で損金算入ができます。
      本学園が発行する「寄付金受領書」及び「特定公益増進法人の証明書(写)」によって算入手続きが可能です。

      ※損金算入等の具体的な手続きにつきましては、最寄の税務署にお尋ねいただくか、国税庁のホームページ(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5283.htm)をご参照ください。

      • 2.受配者指定寄付金

      日本私立学校振興・共済事業団(以下、事業団)受配者指定寄付金制度によるご寄付は、全額が当該事業年度の損金に算入できます。事業団発行の「寄付受領書」により、損金算入のお手続きができます。

      寄付金控除シミュレーター

      寄付金控除(所得税・住民税の減税額)の目安を計算できます。※個人の方向け

      シミュレーションをする

      寄付のご報告

        皆さまからの温かいご支援により、2022年度(2022年4月1日~2023年3月31日)の北星学園大学及び北星学園大学短期大学部への寄付金は総額9,515,000円となりました。
        皆さまの多大なるご理解とご協力を賜わり、心より深く感謝申しあげます。
        お寄せいただきましたご寄付はご芳志を活かすべく、ご指定いただきました用途のために大切に用いさせていただきます

        各種事業別内訳(単位:円)

          各種事業内容 件数 金額
          国際交流・留学支援の充実 65 1,805,500
          アクセシビリティ支援の充実 69 3,834,500
          短期大学部のグローバル人材育成のための教育活動の充実 64 1,415,500
          教育研究活動全般の充実 66 2,269,500 ※受配者指定寄付金5件510,000円を含む
          ボランティア活動サポート 1 20,000
          スポーツ・文化活動サポート 1 100,000
          奨学サポート 3 70,000
          269 9,515,000

          寄付者区分別内訳(単位:円)

          寄付者区分内訳 件数 金額
          在学生父母 30 1,090,000
          同窓生 149 3,222,000
          役員 21 920,000
          教職員 50 2,693,000
          一般・団体 14 1,080,000
          企業等(受配者指定寄付金) 5 510,000
          269 9,515,000

          寄付者ご芳名一覧

            寄付者の皆さまにおかれましては、平素より北星学園の教育につきまして、多大なるご理解とご協力を賜わり、厚く御礼申しあげます。
            北星サポーターズ寄付金に寄付された皆さまへの御礼の意を込めて、ここにご芳名を掲載させていただきます。
            ご芳名は、次の基準により掲載しております。

            • 掲載はお名前のみとし、寄付金額を含むその他の個人情報は掲載しておりません。
            • ご寄付のお申し込みの際に、ご芳名の掲載を了承しないとされた方は掲載しておりません。
            • 当該年度の4月1日から3月31日までにご寄付をいただいた寄付者様のお名前を ご寄付をいただいた部局ごとに掲載しております。

            ※ご芳名一覧へのお名前の掲載は、本学へ入金された日で集計しております。
            (インターネットからクレジット決済でご寄付をされた場合、本学への入金が確認されるまで通常1~2か月程度を要します)
            寄付者ご芳名一覧
            2018年度
            2019年度
            2020年度
            2021年度
            2022年度

            札幌市のふるさと納税制度を活用した本学への支援について

               札幌市の「ふるさと納税」制度を活用して、本学をご支援いただくことができます。(大学応援プロジェクト)。ご賛同いただける個人の皆様からのご寄付は、寄付額の2,000円を超える部分について、都道府県、市町村の住民税や所得税から控除を受けることができるほか、札幌市以外にお住まいの方は、「ふるさと納税返礼品」を受け取ることができます。
              ※本学からの返礼品は提供できません。

              詳細・お申込みについては、札幌市のホームページにてご確認ください。
              https://www.city.sapporo.jp/kikaku/daigaku.html

              遺贈のご相談

                このたび本学園では、北洋銀行と「遺贈による受付」に関する協定を締結しました。
                本協定締結により、本学園への遺贈をお考えの方に、北洋銀行の本・支店で遺贈に関するご相談を受けていただくことができます(※1)
                北洋銀行では、ご希望をお伺いしたうえで、遺言等に関する情報提供を行うとともに、ご意向に応じて提携する信託銀行等をご紹介します。(※2)

                ご希望の方は、お問合せ先までご連絡ください。なお、本学園を経由せずに、直接北洋銀行本・支店へご相談いただくことも可能です。ご寄付いただいた財産は、本学園の教育研究の充実のため、大切に活用させていただきます。皆様のご支援のほど、よろしくお願いいたします。

                ※1 遺贈に関するご相談は無料ですが、提携銀行等の遺言信託のご利用にあたっては所定の手数料等がかかります。
                ※2 北洋銀行は、朝日信託、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行の代理店として媒介(相談関連業務のご紹介と情報提供)を行います。

                ・遺言信託について(北洋銀行HPの相談関連業務ページ内)
                https://www.hokuyobank.co.jp/person/insurance/sozoku/yuigonshintaku.html

                お問い合わせ

                北星学園募金事務局(北星学園大学財務課)
                〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1
                Tel:011-891-2731(代表)
                Fax:011-892-6097
                E-mail:donation@hokusei.ac.jp

                 

                アクセス
                お問い合わせ
                PAGE TOP