大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

自分の価値観をより幅広く豊かにNEW

セントトーマス大学

文学部 英文学科 4年 女性

カナダ  2016秋派遣(2016.9〜2017.8)

派遣留学


1.授業の様子、内容はどうでしたか。

ESLの授業は英文学科の必修科目で、学んだ内容も多くあまり難しいとは思わなかった。しかし自分の考えを言葉にしたり、その場で先生が言ったことをすぐに理解出来なかったりと大変な部分もあった。アカデミック授業(スペイン語以外)では、先生や他の生徒が何を話しているのかを部分的にしか理解できず苦労した。現地学生同士のディスカッションに入ることが一番難しかった。


2.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

私が選んだアカデミック授業の先生はたくさんの質問に答えてくれるなど、留学生のために十分なフィードバックがあり、サポートは十分だったと思う。


3.印象に残った生活経験、留学先の国の人々の生活などについて

多くの学生が寮内の廊下やトイレを裸足で歩いたり、キッチンの使い方が汚かったりと驚くことがあった。潔癖なところがある日本人にとっては現地学生や他の学生の生活習慣に驚くことがよくあるかもしれない。


4.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

容易ではなかった。考えていたよりも周りには地元の一年生が多く、話に飛び込んでも何を話題にして良いかわからなかったし、適当に話す程度の英語力もなかったため苦労した。また、今までの留学では海外や留学生に興味がある現地学生との関りがあったが、今回は違ったため現地の友人を作ることの難しさを感じた。


5.留学経験は期待に応じたものでしたか。

学習に焦点をあてた留学を期待していたため、その点においては期待通りだったし、有意義な時間だったと思う。また、学生同士の雰囲気に馴染めず、現地学生や他の留学生との関係をそこまで深められなかったことは少し残念だった。


6.留学をして有益だった点を挙げてください。

現地学生と同じレベルで同じ量の課題に取り組みやり切ったことは、今後出会うことのない大変な経験だと思うため有益だった。また、日常生活や旅行などを通して一人で問題を解決するなど、行動する力が身に付いたと思う。


7.これから先、留学経験をどのように生かしていきたいと思いますか。

留学のおかげで一人で行動する自信もつき、ブレない自分を持つことが出来るようになった。今後、仕事をしていく上で活かしていきたい。


8.約1年間の留学生活を振り返って、何でも良いので感じたことを教えてください。

何度か海外に留学しているが、自分の考えを英語で表現することが出来ず、自分のパーソナリティを出せないことへの辛さを感じるなど、他の学生との仲をあまり深められず辛いと思ったのは初めてのことだった。そういった長期での大学留学の大変さを知り、海外で暮らすわくわく感だけでなく、難しさも経験できたことは自分の価値観をより幅広く豊かにしてくれたと思う。

 

 

 

PAGE TOP