大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

自分を成長させる貴重な1年間NEW

韓国カトリック大学校

文学部 心理・応用コミュニケーション学科 3年 女性

韓国 (2017.4〜2018.3)

派遣留学


1.授業の様子、内容はどうでしたか。

前期は語学面にも、韓国での授業雰囲気も全く分からず不安が大きかったため、日本語学科の専攻の授業をメインに履修しました。そのため、日本語を勉強中で日本に関心を持っている学生が多くいて、楽しく授業を受けることが出来ました。学校内の広場でお花見をしながら授業をするといった韓国に来ないと絶対に出来なかったであろう経験もできて、とても良かったです。
後期は、少し慣れてきた部分もあったので前期より難しい授業に挑戦してみました。教授の話す速度も速い上に、内容も難しく、何度も挫けそうになりましたが、最後まであきらめずにやり遂げることが出来ました。


2.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

私が授業で困っていたり、何をどうすればいいのか分からなくなった際には、その都度丁寧に教えてくださいました。教授の方々が優しく教えてくれたおかげで、授業も楽しく受けられたと思います。


3.印象に残った生活経験、留学先の国の人々の生活などについて。

留学での生活は全てが印象に残っています。海外で1年間生活することや他の国の人たちと同じ部屋で生活することも初めての経験でした。生活をする中で、生活習慣が合わなかったり、自分の考えとは違うなという場面は必ずあると思います。そういった時は、1人で悩まずに、もしルームメイトに言える場合は直接相談するのが良いと思います。それが難しい場合は、寮の中にある事務所の担当の方々に相談すれば、ある程度は協力してくれるので、相談することが重要だと思います。


4.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

大学は、ソウルから少し離れたところにあったため自然が近くにあり良かったです。春には校内の桜が綺麗に咲いて、秋は紅葉が綺麗でした。学内は正規の留学生もとても多く、毎年受け入れている留学生がいるので、容易に溶け込むことができました。


5.留学経験は期待に応じたものでしたか。

はい。私にとってこの留学はとても身になる貴重な経験になりました。何から何まで初めてのことばかりで、最初は不安でいっぱいでしたが、向こうでの生活を重ねるごとに友人も沢山出来ましたし、韓国に行かなければ体験できないことも沢山経験することが出来ました。何より韓国語で授業を受けることによって、自分の語学力を成長させることが出来たと思っています。


6.留学をして有益だった点を挙げてください。

1年間という短い期間ではありますが、普通の大学生たちとは違う刺激的な毎日を送れるという点だと思います。韓国の大学に来て、韓国の学生たちや、他の国の留学生たちと共に授業を受けたり、生活をすることにより、自分の考え方や常識を覆されるような出来事を何度も経験することが出来ました。
留学に来なければ知らずいたことをたくさん体験することができて、留学に来て本当に良かったと心から思っています。


7.これから先、留学経験をどのように生かしていきたいと思いますか。

留学経験を生かした仕事が出来れば良いなと強く思っています。勉強してきた語学を生かせることが出来る仕事に就きたいと考えています。
また、留学に行く前は初対面の人と関わることがあまり得意ではありませんでしたが、留学を経験したことにより、少しそのような性格が改善されたと思っています。そういった部分も生かして残りの大学生活も頑張りたいです。


8.約1年間の留学生活を振り返って、何でも良いので感じたことを自由に記入してください。

留学生活を振り返ってみると、大変で挫けそうになることも何度もありましたが、楽しかった、行ってよかったという気持ちの方がとても大きいです。留学に行かなければ、出会うことが出来なかった世界各国の友人や、同じ境遇の日本人留学生たちとは本当に良い出会いが出来たと思っています。また、自分の人生における経験としても、日本ではない違う国で、違う言語で授業を受けて、現地の学生たちの中で発表をしたり、一緒にグループワークをしたりなど、自分を成長させる貴重な1年間だったと強く感じました。

 

 

 

PAGE TOP