大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

卒業生の声(福祉計画学科)

社会福祉学部 福祉計画学科

直江 絢子さん

就職先:社会福祉法人札幌市社会福祉協議会
出身高校:北星学園女子高等学校
2018年度卒業

その就職先を志望した理由は?

人と人とが直接触れ合い寄り添いながら支援していく仕事内容と、ニーズを持つ人ができるだけ地域社会との関係を絶たずに生活できること、それを行政制度だけでなく、地域全体で支えることが大切であるという考え方に魅力を感じたからです。
社会福祉協議会での実習では、地域に出る機会を多くいただき、想像していたよりも多くの方が日々地域に根差した福祉活動を推し進めるために尽力されている様子を自分の目で直接見て学ぶことができました。地域住民のニーズを的確に把握し、調整することのできる技術と知識を身に着け、地域住民が真に求める支援を実践したいと考え、志望しました。


自分のどのようなことを企業へアピールしましたか?

自分がどんなことに関心を持ち実習に臨んでいたか、働いたらどんなことに挑戦したいかについてアピールしました。また、昨年は、北海道胆振東部地震が発生したことから、災害時の役割についてもしっかりと理解していることを特にアピールしました。


大学のサポートで、役立った・プラスになったことはありましたか?

私は、就職活動は福祉職に絞っていたので、就職活動自体は遅めにスタートしました。最初はそのことに不安を感じ、就職活動のイメージが全くわきませんでしたが、就職に関するガイダンスや福祉職の合同説明会が開催されるなど、就職活動を開始するにあたって必要な情報は得やすい環境でした。
就職支援課では、履歴書の添削や面接指導など、とにかくなんでも相談しに行くことができたため、少しずつ自分なりの就職活動スタイルを確立することができたと思います。履歴書に書く内容をなかなか決められずに困っていたとき、私のまとまりのない話をすべて聞いてくれたうえで、一緒になって考えてくれたことがとてもありがたかったです。面接練習でも、自分一人では気づかなかった改善点を知ることができたり、良かった点も教えてもらえたので自信につながりました。


高校生へのメッセージをお願いします!

私は「人と直接かかわる仕事に就きたい」「社会福祉士受験資格を得たい」と思い、北星学園大学に入学しました。同じ目標に向かって助け合い、刺激し合える友人と出会い、先生方や就職支援課のサポートを得て、無事内定をいただくことができました。
大学生になると新しい価値観や考え方に触れることで見聞が広がります。また、楽しいことがたくさんある反面、大変なこともあるなど様々な経験をすると思います。4年間は長いようでいてあっという間です。勉強はもちろん、遊び・サークル・アルバイト・旅行など自由な時間が増えるからこそ、できることには積極的に取り組んでいくことが大切だと思います。今はまだ自分の将来についてどうすれば良いのかわからず悩んでいる方がいるかと思います。しかし、大学生活は目標を見つけられる機会であふれています。そして北星学園大学はその見つけた目標を全力で後押ししてくれる大学です。ぜひ、有意義な4年間を過ごしてください!

 

PAGE TOP