大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

卒業生の声(福祉心理学科)

社会福祉学部 福祉心理学科

赤間 美乃里さん

就職先:社会福祉法人北海道光生舎
出身高校:北海道網走南ヶ丘高等学校
2018年度卒業

その就職先を志望した理由は?

以前より、出逢うすべての人々と共に成長し、共に感動できる仕事がしたいという気持ちがありました。そのため、これまでの自分の経験や考えを活かせるような仕事は何かと考えたときに、思い浮かんだのが福祉業界でした。中でも社会福祉法人北海道光生舎を選んだ理由は、障害の有無によって区別するのではなく、職員と利用者が互いに協力し合いながら生活するという「ノーマライゼーション」の実現に向けた取り組みや想いに魅力を感じたからです。授産施設やグループホームなど安心して暮らせる環境が整備されていることから、自分も一人の職員として、利用者一人ひとりの「できる」と「笑顔」を増やし、「将来の選択の幅」を広げるという挑戦をしていきたいと思いました。そこで、誰もが暮らしやすいと思える場所を提供し、自分らしく輝けるようなサポートをしていきたいと強く思い志望しました。


自分のどのようなことを企業にアピールしましたか?

「相手の個性を認めることができる」という強みや「自分の苦手を克服して学んだこと」についてお話しました。私はこれまで自他の考え方の違いを受け入れることがあまり得意ではありませんでしたが、大学で心理学を学んだことによって、普段から他者の行動やその背景にある気持ちについて深く考えるようになりました。また、私は元々大勢の前で話すことが苦手であったため、それを克服するべく敢えてグループワークのある科目を履修していました。これらの経験から、「相手の行動の裏側にある気持ちを理解した上で、適切な対応をしていく力」が身についたことや、「他者の意見を聞く力」「チームで取り組むこと」の重要性を学んだということを伝えることができました。自分の人物像を伝えられるように、具体的なエピソードを交えながらお話したことで、「いままでの自分・これからの自分」について知っていただくことができたと思います。


大学のサポートで、役に立った・プラスになったことはありましたか?

就職活動に対して漠然とした不安を抱えているものの、何から始めたら良いのか分からず、とにかくキャリアデザインプログラムという進路支援講座に参加していました。そこから、少しずつ就職活動に関する基礎知識やスキルが身についていき、自分の中にあった不安がやる気に変わっていったのでとても心強い講座でした。また、就職支援課には履歴書の添削や面接練習などで、大変お世話になりました。些細な悩み事にも親身に対応していただき、何度も励ましてくださいました。思い通りにいかず落ち込んでしまう時もありましたが、一人で悩まずに就職支援課を利用して本当に良かったと思っています。


高校生へメッセージをお願いします!

「将来どんな仕事がしたいのか」、「学んだことを活かしていけるのか」など、これからの大学生活に対して不安や心配を抱えている方は多くいると思います。実際に私も就職活動が始まるまで、自分が本当にやりたいことは何か分かりませんでした。しかし、大学の講義で様々な学問領域から関心のある分野を学び、色んな経験をしていく中で、興味が持てることが見つかりました。
大学での4年間は長いようで、本当にあっという間です。勉強だけでなく、部活動やサークル、アルバイトなどで様々な人たちとの関わりを通して、自分の成長に繋げていけたら良いと思います。ぜひ、北星学園大学でこれからの大学生活を思いっきり楽しんでください!

 

PAGE TOP