大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

卒業生の声(福祉心理学科)

社会福祉学部 福祉心理学科

菊地 咲羽さん

就職先:神奈川県公立学校教員
出身高校:北海道札幌新川高等学校 (現:市立札幌新川高等学校)
2019年度卒業

その就職先を志望した理由は?

高校の時に出会った先生の影響がとても大きいです。私が、進路や友人関係で悩んでいると、必ず声をかけてくれる先生でした。悩みを相談しているときは、私の話を遮ることなく、最後まで親身に話を聞いてくれました。そして相談内容の答えをすぐに示すのではなく、いくつかの選択肢を示してくれて、「あなたはどうしたい?」と自分で前に進んでいく手助けをしてくれる先生でした。また、私が母校での教育実習に行った際には、お仕事で忙しい中、研究授業について丁寧に指導もしていただきました。このような経験から、進む道に迷っている生徒を教員という立場からサポートしたい、学校が生徒にとって良い場所になってほしいと思い教員を志望しました。


試験に向け、どのような対策を行いましたか?

まず、自分が受験する自治体の過去問をたくさん解きました。各自治体によって出題傾向が異なるので、その把握を第一に行いました。手広く試験範囲を勉強するよりも、効率的に試験対策ができると思います。そして、自治体の教育目標や推進していることは最低限の確認必須事項なので、どのような角度から質問を受けても答えられるように理解しておくことが大切だと思います。また、複数の自治体を受験する場合は、かなりタイトなスケジュールになります。私もそうでしたが、異なる試験科目がある場合は、尚更大変になります。短期間に一人で、試験を乗り越えるのは難しい部分もあります。そのため、多くの先生方に指導していただくことが大切だと思います。自己推薦書や小論文などの添削や面接練習を重ねることで、自分が伝えたいことがまとまっていくからです。


大学のサポートで、役に立った・プラスになったことはありましたか?

1つ目は、教職実習準備室です。教育実習や模擬授業など、教職にかかわる不安や悩みを親身になって聞いてくれる素敵な方々がいる場所です。教職に対するモチベーションが低くなったり、気持ちがナーバスになったりした時に、あたたかな言葉をかけてくださいました。
2つ目は、教員採用試験の願書記入説明会を行っていただいたことです。北海道の願書提出にあたり、何が必要で、どこの欄に何を書くのかがかなり複雑だったのでとても助かりました。最終的なチェックも丁寧にしてもらえたので、書類の不備がないかと不安になることもなく、安心することができました。また、神奈川県の願書や自己推薦書を提出する際にも、北海道の願書の記載例がとても役に立ち、余計に時間を割くことがなく勉強に集中することができました。


高校生へメッセージをお願いします!

4年間の大学生活は本当にあっという間です。ぼーっとしていたら、卒業はすぐに目の前に来てしまいます。大学に入ったからには、どのようなことでもいいので「これだけは、絶対に誰にも負けない!」と思えることに出会ってほしいと思います。自分の長所を一つでも持っていると、それは強みになります。そして、大学生のうちに色々なところに旅行したり、ボランティア活動をしたり、今しかできないことをたくさんしてほしいと思います。

 

PAGE TOP