北星学園大学・北星学園大学短期大学部

MENU

スミス・ミッションセンターからのお知らせ

Smith Mission Center News

日本を代表する弦楽四重奏団が室内楽の魅力を届けます。

新型コロナウイルス対応として、マスク着用や、間隔を空けた座席の設定をいたします。
コンサート当日は着席記録にご協力願います。
詳細は以下をご確認ください。

WINTERマリンバコンサート

3/12(金)12:10~本学チャペルにて修了・卒業礼拝を実施いたしました。
当日の動画を配信いたしますのでご覧ください。

スミス・ミッションセンター

<コロナ禍にあるわたしたちの祈り>

イエス・キリストの父なる神さま。
このコロナ禍にあって困難を覚え、苦しみ悩みの中にある方々に必要な助けを与えてください。
またまた救いの手を必要としている世界の人々のためにも祈ります。
このような時のなかで、私たちはあなたが与えられた日々を感謝して受け入れ、意味あるものとして活かしていくことができますように。それに処する知恵と力をお与えください。私たち一人一人が北星学園大学、短期大学部の良き友、同じ時を生きる仲間として、互いのことを気遣い、敬い、助け合うことが出来るように、私たちを強めて下さい。

この祈りを主イエス・キリストの御名によって祈ります。

アーメン

2020年度はコロナウィルス感染防止や大学危機管理ステージの状況を鑑み、チャペルタイムを非対面のオンライン形式としてきました。12月はクリスマス月間として、大学ホームページに動画や音声を掲載いたします。

*チャペルタイムとは平日12:10から大学チャペルで行われる大学礼拝のことで、パイプオルガンの演奏と、チャプレンや学長またはゲストスピーカーのお話を聞く時間のことです。
1週間に、通常チャペルタイム2人・イングリッシュチャペルタイム1人の計3人ずつ更新して掲載する予定です。


★12/21 日髙嘉彦チャプレン
   「初めてのクリスマス風景 ~二人の男の光と影~」
12/21パイプオルガン奏楽
日髙嘉彦チャプレン「初めてのクリスマス風景 ~二人の男の光と影~」
  「初めてのクリスマス風景 ~二人の男の光と影~」(説教原稿)


★12/18 James Allison先生
   「The Light Shines in the Darkness!」
12/18前奏(音声ファイル)
James Allison先生「The Light Shines in the Darkness!」
  「The Light Shines in the Darkness!」(説教原稿)
12/18後奏(音声ファイル)


★12/16 西間木公孝牧師(日本基督教団新得教会牧師)
   「深い淵の底から」
12/16前奏(音声ファイル)
西間木公孝牧師「深い淵の底から」(音声のみ)
  「深い淵の底から」(説教原稿)
12/16後奏(音声ファイル)


★12/14 石垣弘毅牧師(日本基督教団中標津伝道所牧師)
   「期待はずれの贈り物」
12/14前奏(音声ファイル)
石垣弘毅牧師「期待はずれの贈り物」(音声のみ)
  「期待はずれの贈り物」(説教原稿)
12/14後奏(音声ファイル)


★12/11 THOMAS GOETZ 先生
   「A Christmas Message in a Song」
12/11前奏(音声ファイル)
THOMAS GOETZ 先生「A Christmas Message in a Song」
  「A Christmas Message in a Song」(原稿・出典含む)
12/11後奏(音声ファイル)


★12/9 小野 有五さん(元北星学園大学教授)
   「神をまちのぞむ」
12/9前奏(音声ファイル)
小野 有五さん「神をまちのぞむ」
12/9後奏(音声ファイル)


★12/7 高橋 一さん(元国際基督教大学(ICU)非常勤講師)
   「Thy Will Be Done ! 御心がなりますように!」
12/7前奏(音声ファイル)
高橋 一さん「Thy Will Be Done ! 御心がなりますように!」(音声のみ)
12/7後奏(音声ファイル)


★12/4 Don Frank先生(北星学園大学 非常勤講師)
   「Nearer than You Might Think」
12/4前奏(音声ファイル)
Don Frank先生「Nearer than You Might Think」
12/4後奏(音声ファイル)


★12/2 岡口 学 牧師(北野キリスト教会牧師)
   「喜びは伝わる」
12/2前奏(音声ファイル)
岡口 学 牧師「喜びは伝わる」
12/2後奏(音声ファイル)


楽聖の250回目の誕生日(12月16日)を祝い、気鋭のピアニストによる「悲愴」「月光」「エリーゼのために」を年明け1月末まで配信します。

★ピアノ:小板橋沙里
バカテル「エリーゼのために」WoO 59
ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」
(2020年10月26日 北星学園大学チャペルにて収録)

★ピアノ:大久保規子
バカテル「エリーゼのために」WoO 59
ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2「月光」
(2020年10月27日 北星学園大学チャペルにて収録)

《小板橋 沙里(ピアノ独奏)》
北星学園女子高校音楽科・北海道教育大学岩見沢校 卒業。北星チャペルでは、クァルテット・エクセルシオとモーツァルトのピアノ協奏曲第20番で共演。

《大久保 規子(ピアノ独奏)》
北星学園女子高校音楽科と北海道教育大学岩見沢校 & 同大学院を卒業・修了。独奏・伴奏で活躍するとともに、コンサートの企画も意欲的に手がけている。


エリーゼのために


悲愴 第1楽章


悲愴 第2楽章&第3楽章


エリーゼのために


月光 第1楽章&第2楽章


月光 第3楽章

毎年本学で行っております宗教改革記念講演会ですが、今年はコロナ禍の影響により10/29(木)に学内限定で実施いたしました。
より多くの方にご覧いただきたく、本日よりオンライン配信をいたします。
今年は、2020年がMax Weber没後100年ということで、「プロテスタンティズムと自発結社の精神ーマックス・ヴェ-バ-の応用問題ー」というテーマで、青山学院大学名誉教授(青山学院前院長・キリスト教学校教育同盟前理事長)の梅津順一氏にお話いただきました。
ぜひご覧ください。

※配信は終了いたしました。

 

アクセス
お問い合わせ
PAGE TOP