北星学園大学・北星学園大学短期大学部

MENU

国際交流NEWS

International news

大学英文学科のロバート J.トムソン教授が担当する「翻訳法BⅠ」の授業の一環として、英字新聞「Hokusei Times No.19」を発行いたしました。
ぜひご覧ください。

The Hokusei Times No.19

過去の英字新聞はこちらからご覧ください。

去る7月5日(木)、国際ラウンジを会場に、受入留学生の日本語スピーチ発表会が行われました。
これは今学期の受入留学生26名が、北星での留学生活の締めくくりとして、これまで学んできた日本語を駆使して、ひとり約2分間のスピーチをするものです。
それぞれ日本文化や日本のスイーツなどのテーマを決めて、一所懸命、日本語でスピーチを行いました。

日本語スピーチ発表会①

日本語スピーチ発表会② 日本語スピーチ発表会③
日本語スピーチ発表会④ 日本語スピーチ発表会⑤

6月14日(木)、国際ラウンジ学生チームHUITの任命式が行われました。今年度は公募で選ばれた6名と留学生1名が新しいメンバーとして加わりました。総勢15名となったHUITの活躍をご期待下さい!

国際ラウンジ学生チーム HUIT(ヒュイット)は、北星の国際交流を促進するために2016年度から発足した国際教育課直属の学生団体です。
これまで、スポーツマッチやフェアウェルパーティ―、七夕祭りなど様々な企画を行ってきました。日々、メンバーひとりひとりが北星の国際交流を活性化するために邁進しています。

今後も様々な国際交流イベントを開催する予定です。

HUITのイベント情報や活動報告は国際教育センターFacebookからご覧ください。

5月22日(火)に留学生の着物体験が行われました。
慣れない着付けに多少戸惑いながらも、振袖や袴に身をつつんだ留学生達は自分の和装姿を見てとても喜んでいました。
着付け後は、今回着物体験が行われたホテルの神前式会場にて写真撮影をし、日本の伝統的な挙式の雰囲気を味わいました。

 

5月23日(水)に、本学茶道部協力のもと留学生の茶道体験が行われました。

茶道は初めてという留学生も多く、茶道部の部員と先生に教わりながら自分で抹茶を点てました。
その後、自分で点てた抹茶と一緒に和菓子をいただきました。

茶道終了後には、慣れない正座をしたためか足が痺れて立てない留学生がちらほら見受けられました。
正座も含め、留学生たちにとって日本文化を体験できる貴重な機会となったようです。

 

5月19日(土)~5月20日(日)、1泊2日でInternational Campを実施し、留学生と在学生合わせて55名が参加しました。

1日目は小樽の旧岡崎家能舞台で能楽体験をし、日本文化を味わった後、ニセコで宿泊し、夜はカラオケで盛り上がりました。
また、留学生の一人が誕生日だったためサプライズでお祝いをする場面もありました。
そして2日目は、登別伊達時代村にて様々なアクティビティを楽しみました。

インターナショナルキャンプは秋期も実施予定ですので、留学生と交流しながらの1泊旅行に興味がある本学学生はぜひご参加ください。

 

「海外事情(英語)」履修した本学の学生チーム(文学部 心理・応用コミュニケーション学科、社会福祉学部、経済学部)が作った活動レポートが公開されました。
2017年はシドニーと香港あわせて23日間のプログラムに学生15人が参加しました。

活動レポート『LINK』はこちらからご覧ください!

★『LINK』のコンテンツのご紹介★

【多文化国家オーストラリアで生活する!】
*語学学校の紹介
*語学クラスを振り返って 〜笑顔編〜
*語学クラスを振り返って 〜涙編〜
*ホームステイ 〜感動編〜
*ホームステイ 〜苦労編〜

【イチから作ったプロジェクト】
*念願の!カフェ訪問
*世界最大のLGBTパレード「マルディグラ」
*思いがけない学び!タロンガ動物園
*世界遺産コッカトゥー島
*ホームレスの方へのインタビュー

【シドニー大学での出会い】
*シドニー大学について
*ロウ先生と涙のセッション
*チア先生との比較教育Q&A
*お世話になった先生紹介
*座談会〜学生との交流を振り返って〜

【Three Days in Hong Kong】
*グローバルスタンダードを体感 -香港での同年代交流会-
*自分に今必要なこと〜明愛専上学院訪問〜

【メンバー紹介】など

3月16日、外務省の国際交流事業「JENESYS2017」の一環で、ラオスの高校生と大学生が本学を訪れました。

鈴木副学長の挨拶の後、ラオスの経済や衣装を始めとし、ラオスについて沢山の写真を使ってのプレゼンや、ダンス、ラオスの伝統的な踊りを披露していただきました。ダンス大会で優勝したチームとあって迫力のあるパフォーマンスとなりました。


▲ 鈴木副学長からの挨拶

▲ プレゼンの様子

▲ 迫力のあるダンス

▲ ラオスの伝統的な踊りも披露してくれました

 

最後は、本学附属高校の高校生も一緒に本学学生とラオスの高校生と大学生、教職員も一緒にラオスの伝統的な踊りを踊って交流を深めました。


▲ 言葉は分からない学生も高校生も楽しく踊り親睦を深めました

その後、訪問団はキャンパスを視察し、体育館にて本学合気道部のサポートによる合気道体験で体を動かしました。

合気道体験の後は、再び国際ラウンジにて本学の学生と交流を再開し、「学歴社会」や「男女平等」など用意されているテーマについてグループに分かれてディスカッションを行い、日本とラオスの文化の違いについて互いに学びつつ、親睦を深めました。


▲ 訪問団と本学学生や本学附属高生などで記念撮影

北星での交流が、今回の訪日の素敵な思い出の一つになってくれたら嬉しいです。

12月8日(金)に、HUIT最後のイベントとなる「フェアウェルパーティー」を実施しました。
フェアウェルパーティーでは、まず日本のお正月の遊びとして有名な「福笑い」を行いました。
目隠しをされた留学生が、国際ラウンジのスクリーンに表示された「おかめ」と「ひょっとこ」の顔を作り上げるために参加者たちと一緒に奮闘していました。

次に2択クイズを実施。留学生や北星に関連する質問、計20題を用意。簡単な問題から徐々に難しい問題になっていき、最後の方では皆さんお互いに話し合いながら正解を選んでいました。

その後メインイベントである「立食会」を実施。
参加者たちと留学生は、それぞれ日本での思い出を語り合いながら、美味しそうに食事を楽しんでいました。みなさんよほどお腹が空いていたのか、用意した料理はあっという間になくなりました!

そして、イベントの最後に、HUITが作成した留学生との思い出ムービーを鑑賞。
懐かしい写真を見て、笑いあう人もいれば思い出に耽る人もいました。動画を見ながら、各々留学生活を振り返ったのではないでしょうか。

イベントに参加して下さった皆様ありがとうございました!今学期、HUITが企画するイベントは終了致しました。来学期も引き続き、様々な交流イベントを実施していきます!

今後も国際ラウンジ学生チームHUITをよろしくお願い致します。
留学生の皆さんにまた会える日を楽しみにしています!

12月13日(水)のお昼休みに「2017秋留学フォトコンテスト」の受賞者への表彰式が執り行われました。

フォトコンテストには、43点の作品応募があり、学生・教職員の投票によって最優秀賞、優秀賞、国際教育センター賞が決定しました。

当日は、国際教育センター長から受賞者たちに賞状と副賞の図書カードとフォトコンテストのフォトブックが授与されました。

★最優秀賞「音楽を楽しむ子ども」

短期大学部 生活創造学科 J 第3回SMC国際ボランティア

★優秀賞「路地」

文学部 英文学科 あめちゃん 海外事情(フランス語)

★国際教育センター賞「ジュテームの壁」

文学部 英文学科 Ruru 海外事情(フランス語)

※写真は、クリックすると大きいサイズでご覧いただくことが出来ます。ぜひ大きいサイズで作品をご覧ください。

3 / 11«1234567»

 

アクセス
お問い合わせ
PAGE TOP