北星学園大学・北星学園大学短期大学部

MENU

国際交流NEWS

International news

去る9月9日(金)、2016年度後期受入留学生が本学に到着しました!
今学期は、アメリカ、カナダ、イギリス、インドネシア、台湾、韓国、中国からの留学生合計24名が北星学園大学で学びます。

留学生集合写真

7月26日(火)、国際ラウンジ学生委員の任命式が執り行われました。

センター棟1階「国際ラウンジ」では海外からの留学生が本学の学生と各国の言語を使って交流したり、さまざまな国際関連のイベントが開催されるスペースとして利用されています。

そこで、北星の国際交流を促進するために2016年度から国際ラウンジの学生委員が発足しました。

公募で選ばれた10名の学生が、国際ラウンジ学生チームHUIT(ヒュイット、Hokusei Gakuen University International Team、以下HUIT)という名称で活動しています。HUITはフランス語で8という意味なので「∞」と置き換え、無限のパワーで北星学園大学の国際ラウンジをひっぱっていくという学生の思いから名づけられました。

今後HUITからのイベント告知や楽しい活動報告などは、国際教育センターのFacebookページに掲載していきます。ぜひご期待ください!

20160728_01
▲柳町センター長の激励を真剣に聞くHUITメンバー

20160728_02
▲柳町センター長とセンター職員、HUITメンバーでの記念撮影

各 位

7月14日(木)22時30分頃(現地時間)、フランス南部アルプ=マリティーム県ニース市においてフランス革命日を祝う花火を見物する客の列にトラックが突入し、100人以上の死傷者が発生しました。これに伴い外務省の安全対策ホームページでは、「フランスへ渡航・滞在される方は、テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう最新の関連情報の入手に努めてください。また、不特定多数が集まる場所(観光イベント、観光施設、デパートや市場、競技場等)を訪れたり、公共交通機関を使用したりする際には、周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知したら速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。なお、政府・軍・警察関係施設には、極力近づかないようにしてください。 」という内容で注意喚起されています。

 8月には夏季休業期間に入りますが、海外渡航を予定している方は、渡航先・期間の長短にかかわらず、下記のホームページ等を参考に最新情報の入手と安全対策に十分留意してください。

なお、3か月以上の渡航については「在留届」、3か月未満の短期渡航(旅行者、出張者等)の場合にも、安全に関する情報を随時受け取れるように、外務省海外渡航登録「たびレジ」(下記参照)へ登録してください。登録することにより、外務省が本人の渡航情報を把握でき、緊急事態発生時対応への活用、連絡等に活用されます(海外でメールを受信する際には通信料が必要となる場合があります。また、携帯する機種によっては、メールが受信できない場合があります。詳しくは各社サイトで確認してください)。
この掲示に関する問い合わせ先は、国際教育課になります。

学長 田村 信一

外務省渡航登録サービス「たびレジ」
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

7月7日(木)に留学生日本語スピーチ発表会が行われました!24名の留学生が、発表を聞きに来てくれたホストファミリーや学生達に半年間の成果を披露しました。24名の留学生のどのスピーチも個々の特徴が出ており、聴いていた人達に感動や笑いを与えてくれました。

20160708_01

20160708_02

2017年2月に札幌・帯広で開催される標記大会の外国語ボランティアについて、大会事務局から学生募集説明会を行います。

日程:
①7/15(金)12:10~12:50
②7/20(水)12:10~12:50
③7/22(金)12:10~12:50 new!

場所:国際ラウンジ

今回の説明会は、外国語ボランティアを対象としています。
当日は大会事務局のスタッフの方々がいらっしゃって説明をしてくださるので、外国語ボランティアに興味・関心のある方はぜひ参加してみてください。

詳細は下記ウェブページをご参照ください。
募集・申込サイト:http://sapporo2017.org/volunteer/

国立大雪青少年交流の家と美瑛町を会場に、日本人学生と東アジアからの留学生が交流する国際交流事業「ユース オブ ワールド 2016」が開催されます。

期  日:2016年8月11日(木)~8月13日(土)(2泊3日)
     2016年9月17日(土)~9月19日(祝)(2泊3日)
     (両方に参加できることが条件となります。)

申込締切:7月17日(日)17:00必着(各自メール・郵送での応募となります)

実施内容
申込用紙

※お問い合わせに関しましては実施内容にあるお問合せ先にお願いいたします。

Youth of World 2016 フライヤー

6月21日(火)に留学生が実際に着物を着てみるという「着物体験」が行われました。
前日(6月20日)は台風のような暴風雨で天気が心配されましたが、当日は見事な快晴となったため、
留学生たちも天気の良い札幌市内を晴れやかな着物姿で散策することができました。

 

2016年9月に来日する留学生のバディを募集します。(受入留学生プログラム「バディ制度」参照)
希望者はセンター棟1階の国際教育センターまで応募用紙・同意書を提出してください。
申込み期限は6月30日(木)までとします。
応募者多数の場合は上級年次、未経験者などを優先することがあります。
バディに決まった学生はかならず事前説明会(日時未定)に参加してください。

留学生バディ募集

6月2日に、田村信一学長、柳町智治国際教育センター長、大原昌明教授(大学院経済学研究科副研究科長)が、北星学園大学の海外協定校である大連外国語大学(中国)を訪問しました。

大連外国語大学とは、1988年に交換留学の提携を行い、今までで研修生も含めると、56名を受け入れ、80名を派遣しています。(人数は2016年5月1日現在)

大連外国語大学は、日本の外国語大学に相当する高等教育機関で、特に日本語学院(日本語学部に相当)は歴史も古く有名です。本学から大連外国語大学へ留学した学生は、外国人のために設けられている「漢学院」で1年間中国語を学びます。

劉宏学長、劉利国日本語学院長、李春姫漢学院長、丁義貴国際交流処長に歓迎していただき、今後の交流等を始めとした意見交換が行われました。

大連外国語大学表敬訪問
▲大連外国語大学訪問の記念写真

お土産を渡す田村学長
▲劉学長にお土産を渡す田村学長

大連外国語大学
▲大連外国語大学正門

華道部の先生による指導のもと、日本の生け花に挑戦しました。
img0525_01

作品は本学C館1階のホワイエに展示しています。
img0525_02

10 / 12«6789101112»

 

アクセス
お問い合わせ
PAGE TOP