北星学園大学・北星学園大学短期大学部

MENU

国際交流NEWS

International news

20151211_speech

12月10日(木)、国際ラウンジにて本学の受入留学生による日本語スピーチ発表会が開催されました。留学生それぞれが日本の生活で学んだことや思い出を発表しました。

各 位

この度のフランスにおける同時多発テロ事件を受けて、文部科学省および外務省等から「フランスへの渡航時の安全確保に関する注意喚起について」が通知されたことに伴い、11月19日付でヨーロッパ渡航について注意喚起したところです。
海外に滞在中または今後、新たに渡航を検討している場合は、フランス以外の国・地域であっても報道及び渡航先の最寄りの日本大使館又は総領事館等から最新の情報を入手するとともに、外務省の渡航登録サービス(3か月未満:旅レジ、3か月以上:在留届)に登録し、「外務省海外安全ホームページ」や在外公館のホームページ等を参照のうえ、危機管理意識を持って安全を第一に行動するようにしてください。

学長 田村 信一

外務省渡航登録サービス「たびレジ」
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

※この件に対する問い合わせ先は学生支援課国際教育係になります。

学生 各位

この度のフランスにおける連続テロ事件を受けて、2015年11月14日付で文部科学省から「フランスへの渡航時の安全確保に関する注意喚起について」が通知されました。

また、外務省安全対策ホームページでは、現地滞在中または渡航予定の者は不要不急の外出を控え、テロ事件や不測の事態に巻き込まれないよう、最新の関連情報の入手に努めるよう通知されています。

これに伴い、2015年度後期開講のヨーロッパ渡航を予定している授業科目については渡航を中止することが全学危機管理委員会により決定されました。

なお、渡航先・期間の長短にかかわらず、3か月以上の渡航については「在留届」、3か月未満の短期渡航の場合は外務省海外渡航登録「たびレジ」(下記参照)へ登録してください。登録することにより、外務省が本人の渡航情報を把握でき、緊急事態発生時対応への活用、連絡等に活用されます(海外でメールを受信する際には通信料が必要となる場合があります。また、携帯する機種によっては、メールが受信できない場合があります。詳しくは各社サイトで確認してください)。
また、現在海外に滞在中または今後新たに渡航を検討している方は、下記のホームページや在外公館のホームページ等も参照して最新情報を入手し、危機管理意識を持って安全を第一に行動するようにしてください。
なお、この件に対する問い合わせ先は、学生支援課国際教育係になります。

学長 田村 信一

外務省渡航登録サービス「たびレジ」
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

11月14日(土)、本学の国際交流50周年を記念して、高校生英語プレゼンテーションコンテストがC館50周年記念ホールで開催され、全道からの応募者による予備選を通過した12人の高校生が“Imagining Hokkaido in the year 2030”をテーマにプレゼンを行いました。

5名の審査員(柳町智治国際教育センター長=審査員長、在札幌米国総領事館ジョエレン・ゴーグ首席領事、札幌市外国語指導助手グレース・エカナヤカ氏、ジョセフ・ラケット文学部英文学科教授、森越京子短期大学部英文学科教授)による審査が行われ、以下の4名の方が受賞されました。
続きを見る

11月5日(木)、国際交流50周年記念フォーラムと祝賀会が開催されました。
記念フォーラムは、本学50周年記念ホールにて“北星の国際交流 -次の半世紀に向けてInternational Exchange at Hokusei: Toward the Next Half Century-”をテーマに行われました。ルイス&クラーク大学のJ.アトキンソン副学長と韓国カトリック大学校のキム ヨンセク国際交流処長をお招きし、本学と各協定校のこれまでの交流と今後の未来像についてディスカッションされました。

記念フォーラム
▲ 左から韓国カトリック大学キム国際交流処長、田村学長、ルイス&クラーク大学 J.アトキンソン副学長、片岡准教授、柳町教授

その後の祝賀会は札幌グランドホテルにて行われ、海外協定校やホストファミリーの方々、海外協定大学へ派遣留学された卒業生と現役生、本学留学生等に出席していただき、各協定校の紹介や派遣留学生代表の挨拶、ヨサコイソーラン演舞など披露され盛会のうちに終了することができました。

続きを見る

留学生来日のお知らせ

2015年09月14日

去る9月8日(火)、2015年度後期受入留学生が本学に到着しました!今学期はアメリカ、インドネシア、韓国、中国、台湾からの留学生合計19名が北星学園大学で学びます。

IMG_0386トリミング後

 

夏休み等で海外へ渡航される方が増える時期ですが、海外渡航の際は、感染症対策を含め、安全対策を十分に行うようにしてください。

海外で注意すべき感染症、韓国内におけるMERSコロナウイルスの感染について、以下の外務省安全対策渡航情報(広域情報)で注意喚起がなされています。
 
夏休みに海外へ渡航される皆様へ(海外で注意すべき感染症について)

MERSコロナウイルスについて
 
また、厚生労働省のホームページでは以下のような注意喚起がなされております。
・渡航先地域の最新情報(危険情報等)をメールで受け取ることができるサービスを積極的に活用し危機意識を持って行動するように心がけてください。
・渡航先の日本大使館・総領事館の場所・連絡先等を確認してください。
・外務省「渡航登録サービス」へ登録するようにしてください。

ついては、下記リンク先の情報を参照の上、安全な海外渡航を心がけるようお願いいたします。

2015年7月30日
北星学園大学
学長 田村 信一

(参考)
外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/

在外公館(大使館・総領事館)リスト
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/index.html

メールサービス
https://www3.anzen.mofa.go.jp/kaian_entry/mmgserviceentry.asp

渡航登録サービス
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

キャンパスの中にインターナショナルな空間が誕生します。1階に国際ラウンジを設置します。
カフェも併設され、留学生が店員をつとめ、外国語で注文するインターナショナルカフェタイムも予定されています。
北星学園大学の学生と留学生が交流できる国際性の高いアクティビティを多言語で展開します。

center01

センター棟外観イメージ

 

center02

センター棟内観イメージ 1階カフェ部分

英語プレゼンテーションコンテスト開催について(ご案内)

北星学園大学の特色の一つであります国際交流は、1965年5月24日に札幌市の姉妹都市アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市にあるルイス&クラーク大学(Lewis & Clark College)と姉妹校提携を結んで以来、その規模を徐々に拡大・充実させてまいりました。今では、アメリカ合衆国、中国、イギリス、カナダ、韓国、台湾、スペイン、スイス、インドネシアの16大学と交流協定を結び、多くの派遣及び受入れの留学実績を築くとともに、教員相互の交流も推進しています。
本学は、2012年に開学50周年を迎え、北海道内における私立大学としての堅実な歩みを進めてまいりましたが、今年度には国際交流50周年を迎えます。
それを記念して、高校生活の中で英語学習に意欲的に取り組む道内の高校生のみなさんにその成果を発揮する場を提供し、また、高校生はじめ、広く社会の皆様に北星学園大学の英語教育、国際教育の一端を知っていただくために、本年11月14日(土)に「北星学園大学国際交流50周年記念英語プレゼンテーションコンテスト」を開催することとなりました。コンテストのメイン・テーマは、「Imagining Hokkaido in the year 2030」です。
高校生のみなさんに今から15年後の北海道の姿を想像し、意欲的で創造的な英語プレゼンテーションを行っていただきたいと思います。

2015年5月1日
学 長 田村 信一
国際教育センター長  柳町 智治(文学部教授)

続きを見る

12 / 12«89101112

 

アクセス
お問い合わせ
PAGE TOP