大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

ニュース

News

  • Home >
  • ニュース >
  • 後志総合振興局と短期大学部は、グローバル人材育成に係る連携・協力に関する協定を締結します

後志総合振興局と短期大学部は、グローバル人材育成に係る連携・協力に関する協定を締結します

2018年07月19日

北星学園大学短期大学部は、これまでもニセコ地域の企業や地方自治体に協力いただき、現地でインターンシップやボランティア活動などを実施してきました。また、ニセコ町で研究会を開催し、英語教育やグローバル人材に関する議論を深めてきました。
後志総合振興局主催の「ShiriBeshi留学」への学生派遣の拡大や、地域での共同事業・研究などのさらなる連携を通して、グローバルに活躍する人材育成を目指し、後志総合振興局と北星学園大学短期大学部とで協定を締結する運びとなり、以下の日時に調印式を開催いたしますことをお知らせします。

  • 日時:7月23日(月)16:30~
  • 場所:北星学園大学C館5階C502教室
      (札幌市厚別区大谷地西2丁目3-1 地下鉄大谷地駅1番出口より徒歩5分)

なお、後志総合振興局と短期大学部のこれまでの連携の経緯は、以下の通りです。

[教 育]
短期大学部英文学科は、毎年新入生オリエンテーションをニセコで行っている。また、ニセコのホテルでインターンシップを2011年度から2016年度まで実施し、100名以上の学生が研修を受けた。さらに、ニセコ町で行われている行事に学生がボランティアの形で参加してきた。また、短大英文学科では、道内唯一のケンブリッジ試験センターである、SMiLE nisekoと連携し、2017年度から全学生を対象にケンブリッジ英検を実施している。この取り組みは、全国の高等教育機関では、初めてとなる。

[研 究]
短期大学部英文学科では、ニセコ町と連携して、「観光」・「ホスピタリティ」・「英語教育」をキーワードに研究会を実施してきた(2010年3月、2012年7月、2014年7月)。また、すでに多くの卒業生がニセコ地域で活躍しており、英文学科の森越 教授は、ニセコ地域で働く卒業生や地元企業で聞き取り調査などを継続して行ってきた。

[ShiriBeshi留学(通称:ニセコ留学)]
2018年2月に、短期大学部英文学科の学生2名が「ShiriBeshi留学(通称:ニセコ留学)」に応募し3週間の研修を受けた。この8月に短大英文学科2年生1名が、このプログラムに参加することが決定している。

[国際交流]
2018年7月に短大英文学科で連携協定校である、オーストラリアのマードック大学の学生を受け入れるにあたり、プログラムの一部として、マードック大学の学生が後志総合振興局を訪問し、地域の視察や地元高校生との交流を行った。
詳細はこちらをご覧ください。 

 

〔本件に関するお問い合わせ〕
北星学園大学短期大学部
英文学科長 白鳥 金吾(しらとり きんご)准教授
TEL:011-891-2731(代表) メール:k-shiratori@hokusei.ac.jp
英文学科  森越 京子(もりこし きょうこ)教授 
TEL:011-891-2731(代表) メール:morikoshi@hokusei.ac.jp

 

PAGE TOP